top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

半沢直樹チームの俳優が勢ぞろい!企業犯罪を鋭く描いた「七つの会議」(2019)

エンタメウィーク(映画)

半沢直樹チームの俳優が勢ぞろい!企業犯罪を鋭く描いた「七つの会議」(2019)

解説

テレビドラマ化もされた池井戸潤の同名企業犯罪小説を、野村萬斎主演で映画化。中堅メーカー・東京建電の営業一課で万年係長の八角民夫は、いわゆる「ぐうたら社員」。トップセールスマンで、八角の年下である課長の坂戸からは、そのなまけぶりを叱責され、営業部長・北川誠が進める結果主義の方針の下、部員たちが必死で働く中、八角はひょうひょうとした毎日を送っていた。そんなある日、社内でパワハラ騒動が問題となり、坂戸に異動処分が下される。坂戸に代わって万年二番手に甘んじてきた原島が新しい課長として一課に着任するが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた。八角役を自身初のサラリーマン役となる萬斎が演じ、香川照之、及川光博、片岡愛之助、音尾琢真、立川談春、北大路欣也といった池井戸ドラマ常連俳優が顔をそろえる。監督は「陸王」「下町ロケット」「半沢直樹」など、一連の池井戸ドラマの演出を手がけた福澤克雄。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

テレビ放映され、高視聴率を獲得した人気ドラマ「半沢直樹」の原作者・池井戸潤による「七つの会議」。彼の描く物語はいつも町工場やメーカーについて描かれたものが多く、本作も一つのネジを巡って話が展開されていきます。

長瀬智也主演の「空飛ぶタイヤ」のように、本作も企業の不正を描いた物語ですが、パワハラなどの問題にも切り込んでいます。そして何より今回はユニークな主人公、居眠り常習犯の八角という狂言回しな男による魅力が大きい。彼を演じる野村萬斎の天才的な演技には脱帽してしまう! 「半沢直樹」もそうですが、歌舞伎役者の演技は勢いと迫力があってどれだけ観ていても飽きない。しかも半沢組で言えば、本作には香川照之の他に片岡愛之助、及川光博が出演しているという、池井戸ファンにはたまらないキャスティング!

八角の少し危うくて、良い人なのか悪い人なのか掴みきれないキャラクターが飄々としていてかっこいい。加えて個人的には主人公の原島と不正について追っていく優衣の不倫相手を藤森慎吾が好演していて、印象深かったです。日本の会社の働き方やシステムに切り込んでいく、最後はスッキリ終わるという傑作!


「七つの会議」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル