top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

特別なことはしない。わたしに必要なのは4つの食習慣【栄養士の健康管理 #1】

macaroni

今回の栄養士は、macaroniの料理家「かりくる」

macaroni 料理家・栄養士 / かりくる

「小学校から高校まで陸上部に所属していて、現役時代はこげぱんみたいに真っ黒(笑)。

当時は、日々厳しい食事制限をしていた経験から栄養学に興味を持って栄養士を目指しました。卒業後は、栄養士として福祉施設に5年間勤務。その後、macaroniの料理家として、簡単おつまみや身近な食材で作れるおかずを中心にレシピを開発中です。

友達とおいしいもの食べてひたすら語ったり、ながらゆる筋トレをしたりするのが趣味です」

macaroni 料理家 かりくる| macaroni[マカロニ]

かりくるのライフスタイル

「現在は1人暮らしです。2年半くらい前に、実家がある千葉から神奈川に引っ越をしてきました。引っ越しをするときは、東京に住める!と思っていたのに、いざ物件を決めるとギリギリ神奈川エリアになってしまいました……どうしてこうなったんだろう(笑)?

けれど、うちの近所には、昔ながらの商店街や業務スーパーがあって、いろんな買い物ができるのでとっても便利なんです。

また、先程も紹介しましたが、学生時代は運動部に所属していたので体を動かすのが大好き。平日は仕事をしていることもあり、あまりアクティブに動けていませんが、週2で筋トレをしています」

ふだんの食事はどうしてる?

「平日は、基本自炊です。一から料理をする余裕はないので、休日や時間があるときに作り置きをしているんです。生肉や魚は下味冷凍、余った野菜もカットして冷凍。平日は解凍をして食べているって感じです。

そのときの気分で食べたいものが変わるので、食材を買い足して調理をしたり、外食をしたりするときもありますよ」

「以前は休日に友達とごはんを食べにいくことが多かったのですが、最近は外出をひかえているので……。

1人の時間が多くなり、ほったらかし料理や少し手の込んだ料理を作っています♪ 牛すじ煮込みが好きで(笑)大量に調理をして冷凍していますよ」

では本題に!意識している食習慣について

白湯を飲んで便通を促す

「朝起きてまず最初にやるのは、白湯を飲むこと。便通を促すために取り組んでいる習慣なんです。

やり方は、コップに水をいれて電子レンジで加熱するだけ。お湯を沸かして作るのが面倒なので、この方法でやっています(笑)。1人暮らしをはじめてからなので、2年半くらい継続中!」

フルーツを食べてビタミンを摂取

「これも毎日やっている習慣。もともとフルーツは好きなのですが、便秘対策と不足しやすいビタミン類を摂取するために心がけています。

フルーツを摂るのは朝が良いと言われていますよね。わたしの場合、手に入れやすいキウイやグレープフルーツを食べるようにしています。キウイはゴールド、グレープフルーツはピンクを選ぶのがこだわり。甘くて食べやすいので、おすすめですよ♪」

ベジファーストを心がけて血糖値をコントロール

「食事をするときは野菜を欠かさないようにしています。そして、野菜から食べる『ベジファースト』を意識!血糖値の急激な上昇を防ぐはたらきがあるので、健康管理を心がけている人にはおすすめしたい食べ方です。

野菜は、小ボウルに1杯分くらいを食べています。具材は、アボカドやトマトをチョイス。朝は、生野菜を中心にしています。フレッシュな野菜を食べたほうが、栄養を逃さず摂り入れることができますよ!

以前ドレッシングは市販のものを使っていましたが、使い切れなく余ってしまうので手作りに。ゴマベースや和風なわさび&醤油、さっぱり仕上げたいときはナンプラーにレモン果汁をいれて作っています」

お米を食べるなら雑穀ごはん

「実家にいるときから雑穀は食べていましたが、1人暮らしをしている今も継続しています。雑穀は、不足しがちなビタミン類やミネラル類を摂り入れる目的で活用していますよ。

種類にごだわりはなく、スーパーで手に入るものを利用。ゆる〜く、がんばりすぎない程度に取り組んでいます」

そのほか、健康のために意識していること

ハーブティーを飲んで生理痛を和らげる

「私、以前は生理痛がとってもきつくて……。痛みをやわらげるためにはじめたのが、ハーブティーを飲むことなんです。

そのほかにも、飲酒量を減らす、豆乳を飲む、甘いものを控える、鉄分を含む食材を摂り入れるようにしています。食事を少し変えただけでも、生理痛が軽減されてきた気がします……!

もちろん食事以外に、睡眠時間を確保したりストレスの軽減を心がけたりするのが大前提。大変ですが、生活習慣と食事の二軸を心がけながら取り組んでいますよ」

湯船に浸かって気持ちをリフレッシュ

「夏場の入浴時間は短くなりますが、冬場は30分くらい入浴していますね。脱水を防ぐために、水分をこまめにとりながら湯船に浸かります。

入浴中は、音楽を聞いたり歌ったり。YouTubeの動画をみてストレスを発散させます。浴室を真っ暗にして、ロウソクの間接照明をつけることもあります。これだけでも結構癒やされるので、おすすめですよ。

ストレッチも欠かさず毎日10〜15分くらいやります。起床後と入浴後、一日2回やるのがマイルール♪(笑)」

自分にできる健康管理からはじめてみよう

macaroni料理家のなかで一番元気のある、かりくるさん。白湯を飲んだり、雑穀を食べたり……特別なことをしなくても、毎日のちょっとした習慣を実践するだけで健康を維持しているようです。

健康になるためには、毎日自分ができることを無理せず続けるのが大切。「これなら自分でも取り組めそう!」と思える習慣を見つけ、ぜひ真似をしてみてくださいね。

かりくるさん、インタビューに協力ありがとうございました。次回の「栄養士の健康管理」もお楽しみに♪
企画・文 / 服部 麗(macaroni編集部)

【編集部員のリアル献立作り #1】ストレス軽減、節約も叶う生活術

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル