top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

現実は甘くない…! 在宅ワークのデメリットと注意点

ママテナ

現実は甘くない…! 在宅ワークのデメリットと注意点(C)ママテナ 自由度が高い在宅ワークは、自営型テレワーク。
納品や請求、確定申告まですべて自己責任で進める仕事です。
また、ニーズが高まるとそれを利用する悪徳業者もいます。
在宅ワークを安全に行うためにもデメリットを把握しておきましょう。

すべて自己責任!収入やスキルなどによる格差も

企業のオフィスでは、労働時間、賃金、空調設備などすべてが管理されています。

では、在宅ワークはどうでしょうか。

ほとんどの在宅ワーカーは「職場=自宅」になります。

そのため、在宅ワークにふさわしい環境をすべて自分で整えなければいけません。

◆クレームやトラブルも、すべて自己対応

自営型テレワークを行う在宅ワーカーは、個人事業主です。

広告の後にも続きます

請けた仕事は、最後まで責任を持って対応しなければいけません。

普通のことと感じるかもしれませんが、たとえ、自分や家族が急病で仕事の時間が確保できなくなっても、代わってくれる人はいません。

納期が守れなければクレームにつながる可能性が高いですし、納期や品質についてなど、トラブルやクレームは、自分で対応しなければなりません。

◆仕事が軌道にのるまでは、収入が不安定

在宅ワークを検討するときに、最も気になるのが報酬ではないでしょうか。

在宅ワークでは時給や固定給というのはごくまれで、基本は出来高制です。

また、同じ在宅ワークでも難易度や工数、スキルによって収入差が生まれます。



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル