top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

プレッシャー?嵐・大野「ちょっと引きました」Mステでブルーノ・マーズ制作の新曲披露「神々しい」と話題

COCONUTS

9月18日に放送されたテレビ番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)。今回は、嵐の5人が放送当日に解禁された新曲を披露し、ネットで話題となりました。

■プレッシャー?大野「ちょっと引きました」

今回、嵐がテレビ初披露したのは、最新デジタルシングル「Whenever You Call」です。

この曲は、番組の放送日である18日の0時より、各配信サービスにて順次ダウンロード・ストリーミング配信がスタートされた楽曲。

同日13時からは嵐公式YouTubeチャンネルおよび各配信サービスにて、ミュージックビデオの公開もされ、解禁ホヤホヤの超最新曲です。

また、世界的アーティストであるブルーノ・マーズさんが楽曲制作・プロデュースを手掛け、嵐に提供した楽曲でもあるため、ネットでも注目が集まっていました。

オープニングでは、MCのタモリさんが「ブルーノ・マーズプロデュースすごいねぇ」と心底感心した様子でコメント。

これを聞いた櫻井翔さんも、「いやすごいお話ですよねぇ。ほんとに素敵な楽曲いただきましたし」と、感激している様子でした。

大野智さんは、「最初、ブルーノ・マーズさんの歌入りの曲(『Whenever You Call』)を聞いたんですけど、そん時はヤバかったですね。もう上手すぎてちょっと引きました」とニヤケ顔でコメントし、スタジオに笑いを誘います。

櫻井さんは、この曲を自分たちで歌うということを想像して、プレッシャーがすごかったと語りました。

■松本「僕らとファンをつなぐ曲」

2011年に出した1stシングル「Just The Way You Are」がダウンロード数で世界一になったり、ジャスティン・ビーバーさんへの楽曲提供、ディズニー映画の制作にも携わるなど、多岐にわたって活躍する世界的スター、マーズさん。

今回嵐の楽曲をプロデュースするにあたり、マーズさん本人が嵐の楽曲を聴き、嵐のライブを観て、嵐のために書き下ろしたのが、この「Whenever You Call」なのだそうです。

二宮和也さんが、「今の僕たちに合う曲を(マーズさんが)作ってくれたって感じですね」と恐縮そうに話すと、マーズさんの経歴を知ったタモリさんも「ほぉ…」と驚きを隠せない様子。

さらに、松本潤さんは、「僕らとファンをつなぐ曲になるんじゃないかなと、なってるんじゃないかなというふうに思います。また、あのー…普遍的なラブソングでもありますので、いろんな人たちに、こう、刺さる曲になってるんじゃないかなと思うので、たくさんの人に聞いてもらえたらと思ってます」と、この曲の聴きどころを語りました。

■Mステでマーズ制作の新曲披露「神々しい」と話題

スパンコールの輝く漆黒の衣装に、ミラーボールの中にいるかのような神秘的なセット。

全編英語であるミディアム・バラードを嵐のイメージを一変するようにエモーショナルに歌い上げました。

このパフォーマンスにネットでは「美しい曲。美しい歌声。美しい嵐。」「歌ってる5人が神々しくて…振りも歌声もハモリも素敵すぎ…」「心臓をわしづかみにされるような感動」と、曲調に合わせるかのように、静かに興奮するファンの声が続々とあがりました。

新曲の楽曲解禁に、ダウンロード・ストリーミング配信スタート、ミュージックビデオの解禁、生放送でのパフォーマンス。

ファンにとっては特別で忙しく、幸せに溢れた1日になったのではないでしょうか。

(文:アイドル担当ライター 椎七みつばち)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル