top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

美容師に聞いた! ぺたんこ髪をふんわり仕上げるスタイリングのコツ

ママテナ

美容師に聞いた! ぺたんこ髪をふんわり仕上げるスタイリングのコツ(C)ママテナ 昔に比べて髪が細くなった、ボリュームがないー髪のボリュームに悩む人も多いかもしれません。
頭頂部にふくらみがなくなると、どうしても老けた印象になってしまいます。
そこで、今回は東京・下北沢でサロンを経営する美容師のきたむらさんに髪のボリュームが失われてしまう原因と、自宅でできるボリュームアップのコツについてお聞きしました。

ボリュームアップのためにパーマをかけるのは悪循環!

年齢と共に髪のボリューム不足に悩む人も多いのですが、主にどんな原因が考えられるのでしょうか。

まず、年齢とともに頭皮のハリを支えるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が減少します。

頭皮の厚み、弾力、潤いが低下することで、毛穴が広がり、髪が根元から立ち上がらなくなってしまいます。

また、髪が細くなる原因の一つとして、髪の成長に欠かせない、VEGF-A(※VEGF-Aとは血管細胞増殖遺伝子)の減少も挙げられます。

毛包周辺の毛細血管が萎縮することで、毛包及び髪に栄養が届かず、細くて短い髪になりがち。

広告の後にも続きます

これらの原因により髪全体のボリュームが減少していくと考えられています。

地肌と髪が健康とは言えない状態で、パーマをかけてボリュームを出すケースもありますが、人によっては悪循環に陥ってしまうケースもあるのだとか。

一時的にボリュームアップしたように見えますが、地肌が整っていない、髪に栄養が行き渡っていないところへパーマをかけるのはダメージが大きく、あまりおすすめしません。

もちろん、パーマで解決するケースもありますが、地肌と髪が健康とはいえない状況ではセットが崩れやすかったり、整髪料で重たくなりペタンとしてしまったりと、根本的な解決には至らないケースも多々あります。

お金をかけなくてもできるボリュームアップ方法

では、髪のボリュームを出すために、具体的にどんなことをしたらいいのでしょうか。

自宅でできる方法について教えてもらいました。

<自宅でできるケアの手順>

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル