top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

美白シミ対策でやってしまいがちな『6つのNG行為』

ママテナ

美白シミ対策でやってしまいがちな『6つのNG行為』(C)ママテナ 夏に受けた紫外線の影響が出始めるのはこれから。
肌内部に潜むシミ予備軍を撃退するためにも、正しいシミ対策でしっかりケアすることが必要です。
「美白コスメも揃えたし、サプリも摂っているから私は大丈夫!」と安心している人は要注意。
菜の花皮膚科クリニックの菅原由香子先生は、「自己流の間違ったやり方でシミを悪化させてしまうケースが多い」といいます。
ここでは、普段の生活でついうっかりやってしまいがちな6つのNG習慣とその理由について説明します。

(1)朝食に柑橘系フルーツを食べる

オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系フルーツ、パセリ、セロリ、キュウリ等には、太陽にあたると体が紫外線を吸収しやすくなる「ソラレン」という成分が含まれています。

ソラレンが体内で分解されるのは約7時間。

朝~日中には食べずに、夕方以降食べるようにするのがオススメです。

朝、グリーンスムージーを作って飲んでいる方は、ソラレンを含む食材を使わないように気をつけましょう。

(2)ビタミンCを一度にたくさん摂る

ビタミンCは抗酸化力が強く、活性酸素から体を守り、お肌のコラーゲンを増やし、メラニンの生成を抑制するサポートをしてくれます。

広告の後にも続きます

老化予防、美肌のためにも積極的に摂りたい栄養素ですが、一度に体に吸収できる量は限られています。

水溶性なので余った分は尿中に排出されますが、大量にとると吐き気、下痢、尿路結石の原因になる場合も。

朝昼晩とこまめに分けて摂取することを心がけましょう。

(3)自己流フェイスマッサージ

間違ったマッサージで肌をこすると、肌を傷つけメラニンを活性化させる原因になります。

特に頬骨の部分のシミ(肝斑)は、日常生活での機械的刺激が原因になる場合が多いのです。

シミ対策には、顔のツボ押しや耳をグネグネ揉むのがオススメ。



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル