top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

羊の数を数えると眠くなるのは本当か?まじめに検証してみた。(広島国際大学研究)

カラパイア

羊

 「羊が1匹、羊が2匹……」、羊の数を数えるとだんだん眠くなってきて、いつもより早く眠れるという逸話がある。もともとは西洋から来た逸話で、何故羊の数を数えるようになったかと言えば、羊はキリスト教とつながりが深いためだとかsheep(ヒツジ)とsleep(睡眠)をかけた一種の英語の駄洒落に由来するとか、諸説あるようだが実際にはどうなのだろうか?

 今回、この羊の数と睡眠問題を、広島国際大学の田中秀樹教授(精神生理学)らが科学的に検証したそうだ。  結論から言ってしまえば、答えは「NO」である。羊の数を数えるよりも腹式呼吸のほうが効果的という結果が出たそうだ。 
 
2 
 
 読売新聞が伝えたところによると、田中教授らは、眠くない状態の大学生14人を昼間に眠らせる実験を行った。それぞれの学生について、羊を数えることと、鼻から吸った空気を口から吐く腹式呼吸の2通りで実験した。 
 
 その結果、まどろんだ際に出る脳波が表れるまでの平均時間は、羊を数えたときは14分4秒。それに対し、腹式呼吸は9分32秒と短かった。実験を行った20分の間に3分以上継続する眠りまで至ったのは、羊を数えた場合の5人に対して腹式呼吸は9人と約2倍だった。 
 
3 
 
 田中教授は、英語なら、「シープ(羊)」という発音を繰り返せば自然に腹式呼吸になることもあるが、日本語の「ひつじ」だとそうはならないと指摘。「日本人には単調な雨音やせせらぎ、電車に揺られる音を聞く方が効果的ではないか」と話している。 
 
counting sheep 
 
 
 まあでも、子ども時代、暗示にかかりやすいタイプだったのならば、条件反射的に羊を思い浮かべるだけで眠くなれるという体質を取得することも可能なのかもしれないけどね。 
 
 よく言われていることだけど、頭は冴えていていると眠れないので、そういう時は運動して体を疲れさせることで睡眠が促進される場合もあるそうだ。

 あとは日中は太陽の光に当たることも大事みたいだね。私の場合、腹筋を20回やった後、布団で横になりながら、ブロック崩しや連鎖系の単純作業ゲームをすると直ぐに眠くなるので、もし不眠に悩む人がいたら、試しにやってみて欲しいな。 

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル