top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

マランツから薄型AVアンプの最新モデル さまざまな音源の高音質再生に対応

もっとエンタメ

 オーディオブランドのマランツ(ディーアンドエムホールディングス・川崎市)から、AVアンプ「NR1711」が9月中旬に発売になる。トップクラスの人気を持つスリムデザイン(薄型)AVアンプの最新モデルで、映画のサラウンド音声だけでなく、インターネットやゲームなど、さまざまな音源の広がりに対応した高音質のマルチコントロールセンターをコンセプトにしている。価格は9万円(税別)、シルバー、ブラックの2色がある。

 2016年の初代NR1607以来、進化発展してきたシリーズの最新版として、NR1711も着実にバージョンアップ。音声面では、頭上など含む全方向からの音で3次元的な音響空間を創出する最新サラウンドDolbyAtmos、DTS:Xに対応。また新4K/8K衛星放送の音声フォーマットMPEG-4 AAC(ステレオ、5.1ch)にも対応しており、放送だけでなくネット配信、ディスクなどのパッケージメディアでも忠実な再生ができる。また、バーチャル3DサラウンドのDolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:Xでは、サラウンドスピーカーを使わなくても立体音響が味わえるほか、ステレオ信号や従来の5.1chサラウンド信号でも同じように楽しめる。

 ビジュアル面では、次世代規格である8K映像信号伝送に対応のHDMI入出力を装備。映像表現力を大きく高めるHDR10+、Dynamic HDRや著作権保護のHDCP2.3、高密度な音声信号伝送のためのeARCなどに対応。ニーズが増えているゲームやVRコンテンツの音声再生についても、VRR、QFT、ALLMに対応しており、没入感を高めることができる。

<img src="http://motto.mopita.com/sp/photo/ovo/15119…

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル