top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

芦名星さん急逝 前田裕二氏の「マスコミに対するひと言」に称賛の声

ニュースサイトしらべぇ

14日、女優・芦名星さん(享年36)の突然の訃報にインターネット上にも衝撃が走った。翌日15日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)でもトップニュースとして報じられ、SHOWROOM株式会社の代表取締役社長・前田裕二氏のメディアに対するコメントに、多くの反響が寄せられている。


■「ご家族のお気持ちを考えると…」

芦名さんの訃報について、「ご家族のお気持ちを考えると、とにかくそっとしてあげたいというか……ご冥福を祈りたいという気持ちが強いです」と前田氏。

続けて、「メディアの報じ方に関しても、そこに優しさがあるといいなと思っています」と訴え、「『なんで死んだんだろうか』とか、「(故人の人間関係を詮索して)こういうのが影響していたのではないか」など追求をしていくというか、そういう流れってあると思うんです」と指摘する。


関連記事:『24時間テレビ』前田敦子、顔の変化にファンが号泣 「すっかり…」

■報じ方も考えるべき

続けて、前田氏は「朝、ご本人を見つけられたお兄さんの気持ちとか、ご家族の今のお気持ちを考えると、メディアで扱う側も報じ方を考えなくてはいけないと強く思います」とコメント。

前田氏のコメントに、番組MCの加藤浩次も「確かにそうですね」と共感し、「事実と憶測は違うのだということを、我々も分かっておかなくてはいけないなと思います」と、憶測報道への懸念を示した。


■「まさにその通り」多くの反響

残された家族の気持ちを第一に考え、報道の在り方を問う前田氏のコメントには、視聴者からも「まさにその通りだと思いました。マスメディアは遺族の気持ちを考えてほしいです」「突然家族を失って気持ちの整理がつかないのは誰でもそう」と、共感する声が多数。

「前田さん、さすがだ。もうそっとしてあげてほしい。追求はしないであげて」「前田さんの言葉全く同感です。そっとしてあげてください。ご冥福をお祈りします」と、これ以上何かを詮索するような報道は辞めるべきだと訴えるツイートも複数投稿されている。

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル