top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

エキナカ中華のレベルを超えた! グランスタ東京に開業した『南国酒家47china』の魅力とは?

食楽web

食楽web

 1961年創業、日本で広東料理を広めたパイオニアとして知られ、現在全国に直営19店、フランチャイズ7店舗を展開している『南国酒家』。そんな『南国酒家』が新業態となる『南国酒家47china(よんななちゃいな)』を東京駅のエキナカにある「グランスタ東京」の新エリア内に8月3日(月)にオープンさせました。

『南国酒家47china』はエキナカにありながら、『南国酒家』でも味わえない全国から集めた厳選食材を使った特製中華が味わえます。

「おいしいものにっぽん」企画で見つけた全国各地の極上食材にフォーカス

47都道府県から食材を選りすぐっているということが、店名の由来にもなっている

 新たにオープンした『南国酒家47china』は、全国から集めた厳選食材をメインに据え、『南国酒家』で培ってきた中華料理の技法を用い、それぞれの食材のおいしさを存分に引き出した中華料理を味わえるお店です。

 実は『南国酒家』では2008年より年2回程度の頻度で「おいしいものにっぽん」という各都道府県の食材をテーマにした企画を期間限定で開催。栽培方法の難しさやコストの高さから一般には知られていないけれど美味しい食材を、社長をはじめ社員自らの足で発掘し味わい、『南国酒家』ならではの中国料理として提供する地産・国消企画です。

 これまで約60の素晴らしいローカル食材と出会い、その魅力を東京駅から発信することで地方創生に繋げたいという考えから、東京駅という全国各地への玄関口に『南国酒家47china』がオープンしました。

10年以上かけて見つけた極上ローカル食材を使った中国料理たち

「大橋園芸『大橋さんのトマト』と鳥取県境港産 紅ずわい蟹の酸辣湯麺 宮崎県産柚子胡椒の香り」1400円(税込)

 そんな『南国酒家47china』では、各地の農家や食材にフォーカスしたメニューを用意しています。例えばこちら「大橋園芸『大橋さんのトマト』と鳥取県境港産 紅ずわい蟹の酸辣湯麺 宮崎県産柚子胡椒の香り」は、愛知県大橋園芸の大橋さんのトマトを使用した逸品です。

 美しい園芸風景が残り、渓流や広大な森林をはじめ豊かな自然が広がる豊田市にある大橋園芸では、豊富で綺麗な地下水と、最新型の環境整備システムを駆使し高い技術でトマトを栽培。美味しくて品質の高いトマトが安定的に作られています。

 酸辣湯麺ではそんな大橋園芸の大橋さんのトマトのほか、大ぶりで肉厚な高知県産仁淀川キクラゲに九条ネギなど野菜をたっぷり使用。麺は北海道産「夢ちから」と香川県産「さぬきの夢 2009」を同店の「清湯そば」に合うバランスで配合した特製麺「よんなな麺」を使用するというこだわりです。

 適度な火入れをすることでトマトのうま味が増していて、酸味も穏やかになり、むしろ玄米黒酢を使った酸辣湯麺の食材の中では甘く優しい味として機能しています。紅ずわい蟹のコクのある味わいや、宮崎県産柚子胡椒のきらりと光るスパイシーさも魅力的で、小麦の香りも感じられる喉越しのよい特注麺がツルツルと進んでしまう一杯です。

「まるごとトマトふかのひれジュレの冷やし麺 東京江戸赤酢と共に」1680円(税込)

 同じく大橋園芸の大橋さんのトマトを使用した料理として期間限定で「まるごとトマトふかのひれジュレの冷やし麺 東京江戸赤酢と共に」も展開。

 タレは厚削りの鬼がつおと日高昆布でとった出汁に、ローリエや山椒の実などのスパイスを一晩漬け込んだもの。あくまで大橋さんのトマトや熊本県産の大長ナス、長野県産のアスパラガスなど全国応援野菜を味わってもらえる一皿になるよう、タレもシンプルに仕上げています。

 麺は健康を意識し、コラーゲンを練り込んだ歯切れの良い特注の翡翠コラーゲン麺。これらにひんやり&プルプル食感のふかのひれジュレを添え、日本らしい江戸赤酢をアクセントにプラスし、涼やかに仕上げています。

感動的な旨みと食感! 鹿児島県産白姫海老を使ったエビマヨ

「鹿児島県産白姫海老のマンゴーマヨネーズソース和え」

 個人的に感動的だったのが「鹿児島県産白姫海老のマンゴーマヨネーズソース和え」。その名の通り南九州でお姫様のように育てられた白く輝く白姫海老は、遊離アミノ酸含有量が高いことから甘みと旨みが強いエビです。

 そんな生食も可能な鮮度の良い白姫海老を、贅沢にもエビマヨに。しかもマンゴーマヨネーズソースという、『南国酒家』ならではのオリエンタルなソースで和えています。大きくてプリップリ、ねっとりとした甘みと旨みが強い白姫海老に、ほんのりマンゴーの香りがするコクのあるマヨネーズソースがよくあっていました。

テイクアウトなら『銀座 木村屋總本店』とコラボした「黒烏龍あんぱん」を!

「黒烏龍あんぱん」(1個250円/税別)

『南国酒家47china』ではテイクアウト商品として『銀座 木村屋總本店』と共同開発した「黒烏龍あんぱん」も1日250個限定で販売。黒烏龍茶の茶葉をたっぷり使用した餡の中には、モチッと食感を楽しめる求肥を入れ、中央には中華らしくクコの実をトッピングしています。

 黒烏龍茶の茶葉が入った餡は、ほんのりビターでどこかチョコレートみたいな味わいで香りも豊か。個人的には15秒ほどレンジで温めた方が、黒烏龍の香りも立って美味しかったです。

 全国各地の知られざる厳選食材を使い、『南国酒家』で約60年培ってきた調理技法で新たな美味しさへと挑戦する『南国酒家47china』。野菜たっぷりでヘルシーなメニューも多いのでランチはもちろん、お酒なども充実しているのでゆっくりディナーを楽しむのも良さそうです。

(取材・文◎中森りほ)

●SHOP INFO

店名:南国酒家47china

住:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内地下1階 グランスタ東京
TEL:03-6268-0947
営:8:00~22:00(日曜・連休最終日の祝日~21:30)
休:なし

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル