top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

車を修理中下敷きになってしまった男性。警察官と隣人が力を合わせて救出劇(アメリカ)

カラパイア

修理中車の下敷きに
修理中車の下敷きに image credit: youtube

 車の修理は部分によっては費用が高くつく場合もあり、直せるものなら自分の手で直そうと試みる人も少なくないのだろう。  

 アメリカのアリゾナ州に住む男性も、妻の車の修理を請け負って車体に入り込んだところ、思わぬアクシデントに見舞われた。ジャッキの1つが外れて、車の総重量が男性の体に圧し掛かってしまったのだ。『The Western Journal』などが伝えている。

Bodycam video shows police saving man pinned under his car

妻の車の修理をしていた男性、車体の下敷きに


 アリゾナ州メサに住むデヴォン・ヘイコックさんは、8月11日の朝、自宅の前庭スペースで妻ケイリンさんの愛車でホンダ「シビック」のサスペンション修理をしようと準備していた。

 ジャッキを固定した後車体の下に滑り込んだデヴォンさんが、妻にドライバーを渡してもらうよう頼もうとした瞬間、叫び声をあげた。

 ジャッキのひとつが外れ、車の総重量がデヴォンさんの上半身に圧し掛かったのだ。

 傍にいたケイリンさんは、車体の下敷きになった夫が腕を動かすこともままならないことを知り、恐怖で叫び声をあげ、すぐさま警察に通報した。


警察官と隣人により男性、無事救出される


 幸いにも、数分でメサ警察から警察官2人が駆け付けた。デヴォンさんは、車の下に完全に上半身を挟まれた状態になっており、脚だけが見えていたという。

man_e1
image credit: youtube

 隣人の協力を得て車を持ち上げることに決めた警察官に声をかけられたデヴォンさんだったが、車に圧迫されていたことによりわずかながらしか呼吸ができない状態で、意識が失われる寸前だったようだ。

「今から車を持ち上げるぞ!」と聞いた時、私の視界はぼやけて意識を失いそうになりました。その後、なんとか抜け出せて深呼吸できた時は、「生きててよかった」と思えました。(デヴォンさん)

 妻が見守る中、デヴォンさんの体が抜けられるだけの分車を持ち上げた警察官らは、無事にデヴォンさんを救助できたことに喜びを露わにした。

助かって良かった、それだけです。何より、男性が自力で車の下から這い出たので、ホッとしました。

 デヴォンさんとケイリンさんは、今年のクリスマス頃に第一子となる女児が誕生予定であり、命を救ってくれた警官に「父親になることができる」という感謝の気持ちを伝えたという。

man_e2
image credit: youtube

 なお、車は修理が終わっていないということだが、今後はプロの整備士に任せるとデヴォンさんは話している。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル