top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

スワンボートが超進化。70年代の日本の漫画からインスパイアされた「白鳥型メガヨット」がついにお披露目

カラパイア

一度は乗ってみたい!スワンボートの未来形
一度は乗ってみたい!スワンボートの未来形 image credit:lazzarinidesign/Instagram

 「過去を忘れず、未来を考える」をコンセプトに、数々の斬新かつユニークなデザインのウォータークラフトを手掛けてきたピエパオロ・ラッザリーニ氏が、このほど最新作メガスワンボート「アヴァンガルディア」を披露した。

 この近未来的なデザインの白鳥型メガヨットは、1970年代の日本の漫画にインスパイアされて作られたという。『designboom』などが伝えている。

全長137メートルの白鳥型メガヨット「アヴァンガルディア」


 ウォータークラフトデザインを手掛ける『Lazzarini design studio』のデザイナーとして知られるピエパオロ・ラッザリーニ氏が、この度発表したのは白鳥型メガヨット「アヴァンガルディア(Avanguardia)」である。

 その名の通りこれまでの概念や形式にとらわれない“前衛的な”デザインに仕上がっている。

View this post on Instagram

A post shared by Lazzarini (@lazzarinidesign) on


 ラッザリーニ氏いわく、この巨大スワンボートは1970年代の日本の漫画にインスパイアされたというが、何の漫画だろう?

 白鳥のような長い首と頭、折りたたまれた羽のような流線形フォルムは、まさに近未来的イメージそのもので、エレガントさも醸し出している。

 メガヨットと呼ばれるだけあって、その全長は137メートル、幅22メートルと大きく、水面からも18メートルの高さがある。また、5つのデッキに分割されたボート内には、最大60人の乗客が収容できるという。

View this post on Instagram

A post shared by Lazzarini (@lazzarinidesign) on


機能的デザインを兼ね備えた近未来型巨大ボート


 ヨットを操縦する管制塔として機能する頭部分は、可動式の首から取り外しが可能となっており、16メートルの補助ボートに変わる。

 この首部分も、高さや位置の変更が可能で、下に降ろせばメガヨット本体の操縦もできる。

 動く時は、首を折り曲げ頭部分をメガヨットのボディ中央に下げることによって、ヨット全体のバランスを調整することが可能だ。

View this post on Instagram

A post shared by Lazzarini (@lazzarinidesign) on


View this post on Instagram

A post shared by Lazzarini (@lazzarinidesign) on


 また、リアデッキ部分には、主に乗客輸送用として使用できるように2つの小型ジェットカプセルが2隻搭載されている。

View this post on Instagram

A post shared by Lazzarini (@lazzarinidesign) on


造船費用は約530億円


 利便性と機能性、そしてデザイン性を兼ね備えたアヴァンガルディアは、ツインの完全電動サイドエンジンが組み込まれており、高速化するために中央のMTUロールスロイスエンジンが137メートルのメガヨットを約18ノット(約33.3km/時)の最大巡航速度まで押し上げることができる仕組みとなっている。

View this post on Instagram

A post shared by Pierpaolo Lazzarini (@pierpaololazzarini) on


 サイトによると、このメガヨットの造船費用は、5億ドル(約530億円)。決して安い買い物とはならないが、ラッザリーニ氏は「投資できるクライアントがいれば、現実のものとなるでしょう」と話している。

 ちなみに、ブラックスワンバージョンも想定されており、シルバー同様夜景に映えるなかなかエレガントな佇まいだ。

View this post on Instagram

A post shared by Lazzarini (@lazzarinidesign) on


 ちょっとこれ、日光の中禅寺湖でスワンボート漕ぎこぎしている場合じゃないぞ私。てかこれを中禅寺湖にカモーンしてくれないかしら。
written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル