top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

新垣結衣“幸子”が元ヤンで東大受験!?ネットは「『ドラゴン桜』じゃん笑」『親バカ』最終話

テレビドガッチ


ムロツヨシと永野芽郁が親子役で出演する日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の最終話が9月13日に放送。新垣結衣演じる幸子の秘密が明かされた(以下、ネタバレが含まれます)。

福田雄一が脚本統括・演出を手掛ける本作は、ムロが演じる日本一の親バカ・小比賀太郎(通称:ガタロー)と、永野が演じるガタローの娘・さくらが繰り広げる“日本一バカでかわいい父娘の物語”。

お酒の席で衛藤美咲(小野花梨)がガタローにキス。それからというものの、自分の気持ちを前面に出すようになった美咲。さくらは2人の関係がどうなっているのか気がかりのようで、ボーッとする時間が増えた。畠山雅治(中川大志)にも強く当たってしまい、畠山は自分への気持ちが冷めたのだと落ち込む。さくらは美咲に、なぜガタローへキスをしたのか問うが「覚えていない」とはぐらかした。

香川・高松からガタローの母・多恵(高畑淳子)が上京してきた。さくらが送ったしょうゆ豆の味がおかしかったため、彼女に何かがあったのだと心配して来たという。さくらは、多恵にガタローと美咲のことを相談することに。美咲が高校時代にグレていたこと、交際していた元ヤン彼氏を、ガタローが撃退したことで美咲が好きになったことを明かすと、多恵は「そりゃイカンわ。幸子さんとおんなじや」と幸子の過去を語りだす。

幸子とガタローは同郷。幸子は高松でも不良が集まる高校出身であり、彼女自身も特攻服を着るようなヤンキーだったという。しかし、学校に元暴走族の弁護士という肩書を持つ先生が赴任してきて「人生台無しにしたくなければ東大へ行け!」との言葉で猛勉強を決意。東京大学に入学したという。さくらは「どこかで見たことあるんだけど」とつぶやく。

さくらは幸子に対して“優しい母”というイメージしかなかったが、一度驚いたことがあった。幼い頃、車に轢かれそうになった際、幸子は運転手に向かって「おらぁ! どこ見て運転しよんじゃ」と汚い言葉でののしり、さくらに向かって「あんたも死にたいんか! “気をつけろ”言いよるやろ!」と説教されたことを思い出す。さくらは“元ヤン”という共通点で、ガタローも美咲を好きになるのではと心配した。

そんな中、美咲は自分の気持ちが膨らみ続けており、あるときガタローを抱きしめる。しかしガタローは「ごめん。美咲。おれ、ずっと好きな人がいる。もう死んじゃってるんだけど」と幸子を思い続けていることを語りだす……。

インターネット上では、幸子の知られざる過去に「元ヤンで、東大っていったらドラゴン桜じゃんってなったよね笑」「元ヤンだったガッキー……永久保存版だ……」「不良幸子に絞められたい 赤毛萌える〜!」の声が。最終話についても「ムロロスの生活が始まるのか。。」「最終回まで最高のドラマでした」といったコメントがあった。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル