top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

嵐・二宮和也「ありがたい」と感激!山崎育三郎が「A・RA・SHI」をミュージカル調に熱唱『ニノさん』

テレビドガッチ


ミュージカル界のプリンス・山崎育三郎が、9月13日に放送された『ニノさん』(日本テレビ系、毎週日曜10:25~)にゲスト出演し、嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」をミュージカル調に熱唱した。

二宮和也(嵐)の冠バラエティとなる同番組は、好きなものを極めに極めまくった人、その名も“夢中人(むちゅうじん)”に注目。個性豊かな“夢中人”達が登場し、二宮がその魅力や情熱についてどんどん触れていく。同日は、菊池風磨(Sexy Zone)、IKKO、劇団ひとり、エミリン、高井佳佑(ガーリィレコード)、しゃかりき、守谷日和、Love Me Doも出演した。

山崎は、歌ったり、踊ったりすることが好きになったきっかけは、「もともとジャニーズだった」と告白。「幼稚園の頃、光GENJIさんが好きでビデオを買ってもらって、それをずっと見てローラースケートを履いて練習してた」と言い、「嵐の曲も好きで歌ってます。中学生の時、山田孝之や勝地涼とドラマの打ち上げで嵐の曲を歌いました」とエピソードを披露。二宮も「うれしい」と笑顔を見せていた。

今回、「ミュージカルを若い世代に広めたい」という思いから、山崎がミュージカルのすごさが分かる講座を開催。まずは、ミュージカル独特の発声に、二宮らが挑戦。犬の鳴き声を発する独特の発声法で、IKKOが衝撃の姿を見せ、スタジオは爆笑。また、二宮も慣れない発声法に劇団ひとりから「だせぇ」と言われ、苦笑いしていた。

また、「体を使った表現」をレクチャー。山崎が「A・RA・SHI」をミュージカルの会場だったらどう歌うのかを見せるためにスタジオで熱唱すると、その表現力に出演者は大興奮。二宮も「これはありがたい」と感極まっている様子で目を輝かせていた。

さらに、占いに夢中になっているという山崎がスタジオメンバーと共に、占い師・Love Me Doのちょっと変わった“耳占い”による鑑定結果を聞いていくことに。出演者の中で一番運勢がいいメンバーと悪いメンバーが明らかになった。

次週、9月20日の放送は、阿佐ヶ谷姉妹(渡辺江里子・木村美穂)がゲスト出演。今一番歌ってほしい「ヒットソングベスト3」を熱唱してもらう。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル