top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

在宅ワークが気になる方必見! 5種類の在宅ワークの内容と報酬をご紹介

ママテナ

在宅ワークが気になる方必見! 5種類の在宅ワークの内容と報酬をご紹介(C)ママテナ 子育てなど家庭の事情により、継続的に外で働くことが難しいと「在宅ワーク」を選択する方が増えています。
今回は2パターン・5種類の在宅ワークについて、仕事内容や収入例をご紹介します。
在宅で働きたい方、また、副業を始めたい方は参考にしてください。

仕事を探して請け負うタイプの在宅ワーク

希望の報酬額の仕事を探して請け負う在宅ワークのうち、元手があまりかからず未経験からでも始めやすいものに「ライティング」があります。

編集・ライター

企業・個人事業主のウェブサイトや、自社のオウンドメディアを運営します。

編集者がサイトの原案を考えキーワードを提示し、文章の骨子を校正、それを元に、ライターが記事を書きます。

すべての職種を自社所属とする場合もあれば、すべて、あるいは一部を外部委託する場合もあります。

一般的には外部委託のほうが報酬額は小さめになりますが、時間的拘束も短いでしょう。

広告の後にも続きます

在宅ワーカーに人気があるのもうなずけます。

関係者へのインタビューなど外部に出て取材する記事や、FPや税理士、看護師などの資格を持つ場合、ライターとして活躍する機会に恵まれます。

専門性の高さにより報酬額も比較的高めです。

他方、専門性のないライターの場合、クラウドソーシングサイトなどでの募集では安価に設定されているものもあるので、相場をよく理解しましょう。

ケースバイケースではありますが月額で3~6万円程度と、副業としてはまずまずの報酬を得られます。

コーディング・プログラミング

サイト運営のためには、Webデザイナーやコーダー、プログラマーなどの力も必要です。



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル