top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

逆境に負けない人になる! 困難や失敗からすばやく立ち直る思考術

ママテナ

逆境に負けない人になる! 困難や失敗からすばやく立ち直る思考術(C)ママテナ 強いストレスに対応できる精神力と心理的プロセスを養う方法「レジリエンス」について解説します。

嫌な気持ちを受け止め早く立ち直る力を育てる

「折れやすい心」が問題になっている中、注目を集めているのが「レジリエンス」です。

もともとは、環境学で生態系の復元力を表す言葉でしたが、現代心理学では「精神的な回復力」を意味する言葉として話題に。

また全米心理学会では、「逆境や困難、強いストレスに適応する精神力と心理的プロセス」と定義しています。

わかりやすくいうと、イライラや落ち込みを引きずらず、すばやく立ち直る力のこと。

「折れない心」「逆境に負けない心」とも言えます。

広告の後にも続きます

ポジティブサイコロジースクール代表の久世浩司先生も、レジリエンスの専門家として指導を行い、その効果を実感しているそう。

前向きな心を表す心理学用語であることから、「ポジティブシンキング」と混同しがちですが、2つは大きく違います。

ポジティブシンキングは、嫌な気持ちを否定してすべてをよく考えようとしますが、レジリエンスは、嫌な気持ちをそのまま受け止め、そこからいかに早く立ち直るかを考えます。

自分の心に素直でいられる分、レジリエンスの方がより自分らしく生きられるのです。

その結果、失敗からすぐに立ち直って、成功を引き寄せることができます。

精神的な回復力が強ければ、失敗をバネにして成功を手にすることもできるのです。

感情の「底打ち」をして立ち直る



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル