top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

NiziUプロデューサーJ.Y. Parkの語る指導法が反響「勉強になる」「マネジメントの本質」

テレビドガッチ


マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。9月12日の放送は、韓国と中継を結び、『Nizi Project』の仕掛け人で世界的音楽プロデューサーのJ.Y. Park(パク・ジニョン)とトークを繰り広げた。

J.Y. Parkといえば、TWICEや2PMなどをスターダムに押し上げた人物で、自らもアーティストとして活躍するエンタメ界のトップランナー。『Nizi Project』は、そんなJ.Y. Parkが主導のオーディションプロジェクトで、1万人を超える応募者の中から選ばれた合格者の9人が今秋、NiziUとして本格デビューする。

放送・配信されたオーディションの模様を見ていたというマツコは、NiziUの注目メンバーについて「MAYAちゃんの表現力ね。言い方は悪いけどね、あの年であの色気を出せる子はいないと思うのよ」「RIMAちゃんなんか出てきた瞬間からスゴかったわよね」と、具体的な名前を挙げて絶賛した。

そして、NiziUのプロデューサーであるJ.Y. Parkと画面越しではありながらも初対面を果たしたマツコは「失礼になっちゃうかもしれないですけど」と前置きし、「私、結構カワイイなと思っている」と素直な気持ちを告白。J.Y. Parkが「僕も本当に会えて嬉しいです」と笑顔を見せると、「百戦錬磨のプロデューサーが言っていること鵜呑みにしちゃダメよ」と警戒しつつも、「でもね、嫌じゃない」と喜んでいた。

ほぼ同年代のマツコは、J.Y. Parkの作る音楽には自分の触れてきた音楽やカルチャーと同じ匂いがすると指摘。「いったいどういう音楽と触れてたのか、すごい興味があって」と質問すると、J.Y. Parkは「日本のアーティストの中では桑田佳祐さんから影響を受けました」と打ち明けた。

また、MVがコメディタッチであることや、「餅ゴリ」というあだ名で呼ばれていることについてJ.Y. Parkは「僕が一番怖いのは、周りの人たちが僕に近づけないことです」と言い、「僕は、いつもすべての人に、マツコさんみたいに身近に感じられたいです」と主張。そんなJ.Y. Parkの言葉に、マツコも「私は常に自分がバカだと思われたい」と共感していた。

さらに、J.Y. Park の『Nizi Project』での指導方法について、マツコは「ものすごく真っ当なことをされているなって思ったの。褒めるべきところはちゃんと褒めて、もっと努力したほうがいいところは厳しく指摘して。それって面倒くさいのよ、結局。それをすごいちゃんとやられる方だなと思ったの」と評価。J.Y. Parkは「褒めるのも叱るのも、どちらもその人について、しっかり知っていることが一番大切だと思います。知らないで評価をしたら、効果が全然ないです。だから始まりは、その人についての“関心”と“愛”だと思います」と、プロデューサーとして大切にしていることを語った。

収録中は終始J.Y. Parkに対し「カワイイ」を連発していたマツコは、最後に「NiziUは誰かに任せて、自分がゴリゴリ来れば?」と提案。J.Y. Parkは「マツコさんだけを信じて日本に進出します」と返して、スタジオの笑いを誘っていた。

2人の貴重なやり取りはインターネッ上でも話題に。「やっぱ2人とも賢くてすごい人だな」「J.Y. Parkさんの指導法やっぱりすごい。 お人柄を感じるし勉強になりました」「人を指導する側の人は絶対見たほうがいい」「マネジメントの本質がボンボン出てきて食らった。マジでかっこいいし、うらやましい」などの反響が寄せられていた。

次回、9月19日の放送は、引き続きJ.Y. Parkが登場。マツコと共にNiziUメンバーの魅力を語り尽くす。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル