top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

ただのゴミ袋にしか見えないアート作品に700万円以上の値が。その驚くべき理由とは?

カラパイア

ゴミ袋風芸術作品が驚くべき高値で販売
ゴミ袋風芸術作品が驚くべき高値で販売 image credit:thisisnotgavinturk/Instagram

 芸術家の中には、人々の想像をはるかに超えた類まれなる斬新な作品を生み出すことで注目を浴びる人が数多く存在する。

 20年以上に渡りアート活動を行っているギャビン・ターク氏(53歳)もその1人だ。彼は、イギリスを中心とした1980~90年代当時の若手コンセプチュアルアーティスト、画家、彫刻家などを総称する『ヤング・ブリティッシュアーティスト』として知られており、彼の作品は世界のアートコミュニティに大きな影響を与え続けている。

 そんな彼の作品は、現代アート専門のオークションサイトで複数出品されているのだが、どこから見ても黒のゴミ袋にしか見えない作品には、700万円以上の値がついているという。だがそれには理由があるようだ。

黒のゴミ袋にしか見えない作品、実はブロンズで出来ていた


 現代アートを専門にしたオークションサイト『フィリップス(PHILLIPS)』に出品されているギャビン・ターク氏の芸術作品が、同サイトがFacebookに広告を掲載したことからSNSユーザーの間で注目を浴びた。

 黒いゴミ袋にしか見えないその作品は、DumpやTrashといった“ゴミ”を意味するタイトルが付けられていて、本物の「ゴミ袋」にしか見えない。

View this post on Instagram

A post shared by Gavin Turk (@thisisnotgavinturk) on


 そして驚くべきはその出品価格だ。

 海外からも購入できるその作品は、日本円で平均して700万円ほどの値段がつけられており、オークションでは少なくとも270万円以上の最低落札価格が提示されている。
 
 特にゴミ袋5つがまとめられた作品は、2016年にニューヨークで開催されたオークションで、日本円にして1400万円ほどで落札されたそうだ。

pile_e
image credit:phillips/Gavin Turk

 しかし実際は、ただのゴミ袋ではないのだ。黒のゴミ袋そっくりに見えるが、実はブロンズでできた彫刻作品なのである。

 逆にこれがゴミ袋じゃないことに驚きだ。本物と見分けがつかないほど、ブロンズで忠実にその形や質感を忠実に再現しているのである。

 それを知ればこの作品の芸術的価値が高い理由もわかるだろう。

View this post on Instagram

A post shared by Gavin Turk (@thisisnotgavinturk) on


錯視技法を使ったブロンズ彫刻を手掛けて20年


 イギリス出身のターク氏は、王立芸術大学で現代アートを学び、1980年代後半にロンドンで行った作品展示が話題になったのをきっかけとして、その名が世界に知られることとなった。

View this post on Instagram

A post shared by Gavin Turk (@thisisnotgavinturk) on


 彼の有名な作品としては、エルヴィス・プレスリーの一連の版画やチェ・ゲバラのポスターだが、2000年以降、実に20年にわたり手掛けている「Trompe-l’œil(トロンプールイユ)」と呼ばれる錯視的技法を用いたブロンズ彫刻作品では、複数の賞を受賞している。

 トロンプールイユは、「人目を欺く」という意味を持ち、実物と見間違うほどの絵(だまし絵)やその技法で、現代ではシュールレアリスムやスーパーリアリズムの作品に多く見られるという。

"TRASH"By artist Gavin Turk. "A bronze cast of a full black bin bag, painted to look real. A bag full of discarded…

Posted by Tableau on Tuesday, 11 December 2018

 ターク氏のゴミ袋の作品は、まさにこの技法を巧みに用いたものであり、自身のサイトでは次のように綴っている。

私たちの無駄な消費生活により、リサイクルされずに廃棄される有機物が詰まったゴミ袋をイメージして、あたかも本物のゴミが入っているかのように仕上げました。

 ブロンズの塊をゴミ袋の形に彫り、黒く塗って仕上げた作品は、もはや本物のゴミ袋にしか見えない。

 ターク氏は、これまでにも使い捨てコップや段ボール箱などの作品も手掛けているが、注目すべきは、今回のゴミ袋アートがどれほどの価格で落札されるかというところだろう。


 SNSユーザーらからは、「こんなゴミ袋、ウチに山ほどあるよ。ゴミがこれだけの価値になるとは思いもしなかったな」「こんなに高額なんて、中にはいったい何が入っているんだ?」「こんな作品で大金持ちになれるなんて羨ましい」「“現代アート”って何でもありなんだな」といった驚きの声が寄せられている。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル