top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

バットマンのバットモビール「タンブラー」を自作で作り上げた男性(ベトナム)

カラパイア

top

 映画やアニメのクールな乗り物にあこがれる人は多くとも、それを現実に再現する人はめったにいない。

 だがベトナムのある学生は長年の夢を実現した。彼が10カ月の作業と約230万円の費用で作ったのは映画「ダークナイト」に登場する「タンブラー」。バットマンが乗るバットモービルの原型でもあるマシンだ。

 まるで二次元から抜け出たような形状だが、この車は原寸大の模型ではなく実際に動くというから驚きだ。すでに国内で脚光を浴びている彼の車を見てみよう。
College student builds functional Batmobile | VnExpress International

学生が映画で見たあこがれのマシンを現実に!


 こちらはハノイの大学で建築を学ぶグエン・ダック・チュン(23歳)が手がけた「タンブラー」だ。

1_e
image credit:vnexpress

 この車は「バットマン」を原作にした映画「ダークナイト」(2008年)に登場したマシンで、その後に活躍するバットモービルのモデルでもある。

2_e
image credit:vnexpress

 この映画に魅了され、タンブラーの運転を夢見ていたチュンが実現への第一歩を踏み出したのは昨年のこと。その日から1年近くの作業を経てここまでこぎつけた。


最高速度100キロ。オリジナルの形状を備えたマシン


 サイズは全長3.6mで幅2.6m、全高1.5m。400ccの4気筒エンジン搭載ており最高速度は時速100kmだ。サスペンションシステムはフロントに4本とリアに2本のショックアブゾーバー、スポイラーは油圧で調整できるようになっている。

real-Batmobile3
image credit:vnexpress

 この車は映画のようにジェットエンジンを使うわけではないが、オリジナルの特徴的な形状を備えていて、マフラーはバイク用を使用している。


10カ月の作業で完成間近。ベトナムではニュースに


 このプロジェクトには10カ月の作業とおよそ230万円もの費用が必要だった。

スクリーンショット-(2201)

 起業家でもあるチュンは自身が経営する事業の利益で費用をまかない、6つのチームと共に映画にしかない架空の車作りに励んだ。

スクリーンショット-(2214)

 作業中は必要な部品調達に苦労した。国産では見つからず、アメリカや韓国からも取り寄せた。またタイヤも外国製しかなかったそうだ。

スクリーンショット-(2202)

 車内は2人乗りに十分な広さがあるが本格的な装飾はこれから。実は照明を含む内装は仕上がっておらず1割ほどの作業が残っている。

real-Batmobile2
image credit:vnexpress
 
 それでも目を惹く「タンブラー」はベトナムで脚光を浴びており、国内の主要ニュースにも取り上げられている。

 まさに映画から出てきたような再現度。展示だけでもかなりの映えスポットになりそうだけど完成したら街を走るところも見てみたいわ。

References:odditycentral / youtube / vnexpressなど /written by D/ edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル