top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

暑い夏も元気に乗り越えられる! 医師が教える夏バテの防ぎ方とは?

ママテナ

暑い夏も元気に乗り越えられる! 医師が教える夏バテの防ぎ方とは?(C)ママテナ 胃腸の冷えと栄養失調を防げば猛暑の夏も健康で過ごせる!
夏バテの原因は冷たいものの摂りすぎやエアコンによる胃腸の冷えとそれに伴う栄養失調。医師が予防法を紹介!

夏バテは、胃腸の冷えと栄養失調が原因だった

だるい、食欲がない、やる気がない、ふらつくなど……夏バテが毎年恒例化してしまっている状況を、今年は解消しませんか?

夏バテは、高すぎる気温と湿度のせいだけではありません。その原因は、胃腸の冷えによる自律神経失調と、栄養失調なのです。

中からも外からも、胃腸の冷えを防ぐ

まずは、胃腸の冷えです。

胃腸の冷えは、冷たいものの飲み過ぎ食べ過ぎ、そして、エアコンによる冷やし過ぎと外気との気温差が原因です。

夏になり、途端に冷蔵庫や冷凍庫のお世話になっていませんか?

広告の後にも続きます

胃腸は冷やすと、機能が低下します。

胃腸は体の働きを自動的に調整する自律神経のうち、リラックスする方の神経である副交感神経の働きで動いていますが、胃腸機能低下に伴って副交感神経の働きも低下して、自律神経が乱れます。

さらに、エアコンによる手足や内臓の冷えや、低すぎる室温とうだるような暑さの外気との気温のギャップに対応できず、自律神経はますます乱れてしまいます。

この混乱が高じると、だるい・眠れない・ふらつく・めまいなどの自律神経失調の症状が現れてきます。

つまり夏の胃腸は、中からと外から、ダブルで痛めつけられているのです。

胃腸を冷えから守るには、夏でもなるべく温かい飲み物や常温の飲み物を飲み、アイスクリームなどの冷たいものの食べ過ぎには注意したいものです。



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル