top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

キノコの山ならぬキノコの革。環境に優しく本革に匹敵する質感を持つキノコを使った代替レザーがいい感じ

カラパイア

キノコでできた皮製品の開発
キノコを使って本格的な革製品を開発 image by:Bolt Threads

 丈夫で長持ち、使えば使うほどに風合いが増してくる革(レザー)は、昔からバッグや小物、服など、様々な製品に利用されている。

 レザーは動物の皮でできていることに抵抗がある人もいるだろう。だが最近では、動物を殺すことなく、環境にも優しい、それでいて質感も本革に引けを取らない代替レザーが開発されつつある。それはキノコから作られた代替レザーだ。

  RMIT大学やウィーン大学の研究グループによれば、動物やプラスチックから作られるものに比べて持続可能性とコストの点で優れた、最高の代替レザーであるそうだ。

環境への負荷が高いレザー


 牛の皮から作られるレザーは昔から利用されてきたが、最近では環境への負荷という点でも問題視されるようになってきている。

 たとえば家畜を育てる牧場を作るために森林が伐採されるし、牛のゲップやおならに含まれるメタンは、二酸化炭素の10倍という強力な温室効果ガスだ。

 また皮をレザーに加工する「なめし」と呼ばれる工程では、環境に有害な化学物質が使われている。

 一方、「ポリ塩化ビニル」や「ポリウレタン」から作られる俗にいう「合皮」は、動物の皮を利用することはないが、プラスチックが原料なので化石燃料を使うし、自然に生分解されることもない。

00
本革シート /iStock

キノコなら低コストかつ低環境負荷


 『Nature Sustainability』(9月7日付)で発表されたキノコから作る代替レザーならそうした問題点をクリアしている。

 まずキノコレザーは低コストだ。キノコを育てるには、農業や林業で出る「おがくず」のような副産物を利用できるからだ。そうしたものを栄養としてキノコに与えてあげることで、「菌糸体」(菌糸の集まりのこと)を1枚のシートのように成長させる。
3_e1
キノコの菌糸体シートからつくられた代替え革 image by:Bolt Threads

 数週間もすれば十分な大きさになるので、これをプレス加工や架橋処理をくわえて、動物のレザーと同じような風合いの素材を完成させる。動物の皮は使わないし、有害な化学物質もいらない。

 しかも、キノコレザーは主に「キチン」と「グルカン」からなる生体ポリマーでできているので、生分解もされる。

1_e3
キノコの革で作られたバッグ image by:Bolt Threads

今後の課題は品質管理


 いいことずくめなキノコレザーだが、研究グループによると、これを生産する上で最大の難関は、菌糸体シートの品質を一定に保つことだそうだ。というのも、菌糸体は必ずしも均一には成長してくれず、厚みや色、性質などにバラツキが生じるものだからだ。

 しかし、キノコレザー開発の進展とそれを生産する企業が増えていることからは、「関係する業界が倫理的・環境的な責任を果たすうえで、将来的にこうした新素材が大切な地位を担うようになるだろうことがうかがえます」と、研究グループのアレクサンダー・ビスマルク教授は話している。

Leather-like material biofabrication using fungi | Nature Sustainability
https://www.nature.com/articles/s41893-020-00606-1
References:newatlas / imperial/ written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル