top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

元犯罪者たちがひっそりと暮らすアメリカの小さな村「ミラクル・ビレッジ」

カラパイア

0_e16

 アメリカの写真家、ノア・ラビノウィッツは、フロリダ州マイアミから約120km離れた「ミラクル・ビレッジ」を訪れた。ここは周りをサトウキビ畑に囲まれた小さなキリスト教系のコミュニティだが、住民の半数が性犯罪経験者でもある。



 ここは1960年代、サトウキビ畑で働く農夫たちの為に作られた場所だが、作業の機械化とともに荒廃していった。その後2009年、あるキリスト教の牧師は、この場所を元性犯罪者たちに開放した。

 フロリダ州では、性犯罪で捕まった者はインターネットで情報を公開され、スーパーマーケットなどにも顔写真を貼り出され、様々な制約を受ける。

 たとえ刑期を終えても、仕事はおろか住む家すら見つけられない。一度性犯罪を犯してしまうと、社会復帰が非常に難しいのが現状だ。牧師は、ここを開放することで、彼らを罪と向き合わせながら、社会生活を営ませることができると考えたのだ。

1_e15

4_e12

 現在、ミラクル・ビレッジの人口は約200人である。その半数が性犯罪者であり、残りはその配偶者や家族、友達などだ。

 彼らの罪状は児童ポルノの閲覧や、恋に落ちて合意の上で未成年と関係を持ってしまったなどの比較的軽い罪で、暴行や暴力的な犯罪を犯した者や凶悪犯罪者はこの町に居住することはできない。入居に関しては厳しい基準があるのだ。ここは信仰の場所であり、悔い改めながら厳格なコミュニティーを築いているのだ。

5_e7

6_e7

 上空から見るとこのコミュニティーだけがポツンと孤立しているのがわかる。
77_rabinowitzmv001

 コミュニティーとして機能しているこの村には、当然この村の代表者である村長がいる。写真家のノア・ラビノウィッツは、まず村長にコンタクトをとった。村長もかつての性犯罪の1人である。彼に今回のプロジェクトの趣旨を伝えると、快く住民たちを紹介してくれ、みんな暖かく迎えてくれたという。

 彼は3日間の撮影で、住民たちと打ち解けることができたという。犯罪を犯す前の生活や、彼らが一個人として、またはコミュニティとして何を望んでいるのかを詳しく聞くことができたそうだ。ただ、彼らの起こした事件の詳細について聞くことは避けたという。

7_e4

 多くの犯罪者がここで生活したいと連絡してくるそうだ。だが、犯罪者なら誰でも入居できるわけではない。ミラクル・ビレッジの住人となるには少々敷居が高く、住民たちの投票によって決められる。また、ミラクル・ビレッジでは再び犯罪を犯すとここに住むことは二度と叶わなくなる。

 フロリダ州では性犯罪者が住める場所は限られている。ここから少し離れた橋の下には、ミラクル・ビレッジに居住を許されなかった性犯罪者たちが住んでいるそうだ。

 住人たちは、法と社会が許す範囲での小さな夢を持っている。ほとんどの人はこの村で生涯を過ごしたいと考えているそうだ。

12_e4

77_rabinowitzmv001

via:featureshoot・原文翻訳:rumita

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル