top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

吉川晃司、ツアーファイナルは”カカト落とし”でフィニッシュ オリンピック会場で初ライブ

SPICE

吉川晃司が、『KIKKAWA KOJI LIVE 2018 “Live is Life”』ツアーのファイナル公演を、1月20、21日の2日間、武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで開催した。

この公演では、2日間でのべ18,000人を動員。最初のMCでは「ツアー、やりたりなかったので、もう1回やらせてほしいとお願いしたら、うまいこと、オリンピックに使われる会場が出来ました。本格的なコンサートは初めてみたいなので、みんなでこけらの落としっこをやろうぜ」と挨拶。この会場は昨年11月に完成したばかりで、2020年の東京オリンピックでは、バドミントンと近代五種のフェンシング、パラリンピックの車いすバスケットボールの会場として使用される予定。かつて水球選手として、オリンピックを目指していた時期もあった吉川にとっては、特別な意味を持つ場所でのライブとなった。

メンバーも昨年のツアーと同じ菊地英昭(G)、生形真一(G)、ウエノコウジ(B)、湊雅史(Dr)、ホッピー神山(Key)という編成。「素晴らしい友に恵まれたなあということを実感したツアーでした。幸せです」という吉川の言葉からも、バンドのメンバーとの絆の深さも見えてきた。


吉川晃司(撮影:平野タカシ)



骨太な男っぽい歌と演奏が圧巻だったのは「Milky Way」。今回のステージ、花道がアリーナの中央まで伸びていて、その先端がセンターステージになっている。「Milky Way」の途中からは花道を歩き、センターステージに移動しての演奏。吉川が気持ち良さそうにあたりを見渡しながら歌っている。このセンターステージではピアノと歌のみでの「すべてはこの夜に」、ファルセットのフェイクを駆使した「太陽もひとりぼっち」といったミディアム・バラードも披露されて、深みのある歌声によって、会場内が感動の渦に包まれた。

TOPICS

ランキング

ジャンル