top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

嵐・相葉雅紀の忘れられない食べ物とは?ハライチ澤部は「これずっーと言ってる」と苦笑い

テレビドガッチ


9月6日放送の『相葉マナブ』(テレビ朝日系、毎週日曜18:00~)では、「マナブ!ご当地名産品ごはん」と題して、相葉雅紀(嵐)が小峠英二(バイきんぐ)、澤部佑(ハライチ)と共に、ご当地名産品を使ったアレンジ料理に挑んだ。

同番組は、相葉が日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり、体験学習をしながら成長していくロケバラエティ。

今回は、旅行に行った際に空港や道の駅で見かけたらついお土産に買ってみたくなる日本全国の名産品を使い、ちょっとした工夫でさらに絶品になるとっておきのレシピを学ぶことに。

まずは、スルメと昆布だけを使った北海道の名産品「松前漬け」が登場。シンプルに冷やしうどんにかけた料理や松前漬オムレツ作りに挑戦し、オムレツを食べた相葉は「うまい、とまんない! ヤバい」と夢中に。続いて、普通の茄子より小ぶりな茄子をからし漬けにした山形県の名産品「民田茄子からし漬け」を紹介。そのまま食べた相葉は「おいしい。中が甘い」と満面の笑み。また、民田茄子からし漬けの天ぷらを食し「これはいいわ~」と感激していた。

さらに、豆腐と魚肉を使った江戸時代から伝わる鳥取県の名産品「とうふちくわ」と梨を組み合わせた驚きのレシピにも挑戦。他にも新潟県の「栃尾の油揚げ」のピザ、静岡県の「黒はんぺん」のフライなど、ご当地の名産品アレンジレシピを紹介した。

合間のトークでは、忘れられない「〇〇で食べた〇〇」を3人が告白する一幕も。澤部は「大分で食べた関さば&関あじ」と答え、「あっちで食べると、歯ごたえが『何ですか!?』って感じで」と理由を説明。相葉も「旨いよね~サバの旨さは大人になって分かったよね」と深く同意。

小峠は「スペインで食べたパエリア」と回答。相葉は「かっけ~!」と明かすも、澤部からは「いやいや、日本で食べたやつね。そもそも日本を学ぶという番組だから」と鋭いツッコミが。仕切り直して「高知のカツオのわら焼き」と上げ、「ふしぎだよね。香ばしさが増す」と感想を。相葉も同番組で食べたそうで、その美味しさを絶賛していた。

そして、相葉は「茨城・大洗で食べた牡蠣」と回答。澤部は「相葉さん、これずっーと言ってる」と苦笑いする中、相葉は「めちゃくちゃうまいのよ! とにかく身が超でかいの!」と大興奮しながら力説していた。

次週、9月13日の放送は新企画「マナブ!ご当地うま辛麺!!」と題して、全国にある“うまくて辛い麺料理”に注目。また、相葉を尊敬してやまないジャニーズの後輩グループから2名がゲストとして登場し、家でも簡単に作れる“うま辛麺”を一緒に学ぶ。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル