top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

いつも食べてるものが「非常食」になる! 備えておきたいおすすめ食品/防災イツモマニュアル⑥

ダ・ヴィンチNEWS

地震・台風・感染症など、時に日常が一変します。そこで「イツモの暮らし」が「備え」になる、在宅避難の準備をしませんか? 本当に役立つ防災マニュアルから、避難と非常食について、「イツモ」できる役立つ知識をお届けします。

コロナ時代の防災について考える。本当に必要な「在宅避難」グッズは? 手軽な家具の転倒防止対策を紹介

『防災イツモマニュアル』(防災イツモプロジェクト:編、寄藤文平:絵、NPO法人プラス・アーツ:監修/ポプラ社)

おすすめの「非常食」

心身ともにストレスが大きい災害時だからこそ、栄養のある、好みの味の「非常食」を備えておきましょう。

乾物
災害時の食事は炭水化物に偏りがちです。ミネラルや食物繊維が豊富な切干大根や寒天などがおすすめ。

フリーズドライ食品
フリーズドライ食品の中でも野菜が豊富に含まれているものがおすすめです。

レトルト食品
ローリングストック法で備蓄すれば、賞味期限が約1年のレトルト食品も「非常食」になります。

乾麵
できれば、ゆで時間が短くてすむものを。やわらかくゆでれば、小さな子どもでも食べられます。

あわせて用意しておきたい

カセットコンロ&カセットボンベ
温かい食事は体に元気を与えてくれます。

水がない時に役立つキッチングッズ

いつものキッチングッズを上手に使えば、水を節約でき、衛生面も安心です。

キッチンばさみ・ピーラー

まな板を使わずに調理できて衛生的。 使用したあとは、ウェットティッシュなどで拭いてきれいに。

ポリ袋

手袋代わりにかぶせれば、衛生面も安心です。 食材を入れて調理すれば衛生的かつ、お皿を洗う水を節約できます。

ラップ

食器や紙食器に敷いて使えば、お皿を洗う水の節約に。 食材に直接手を触れずに、おにぎりなどがつくれます。

<第7回に続く>

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル