top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

天才じゃなくてもバッチリ暗記できる方法がある!/普通の主婦が東大大学院に合格して自分の人生を見つけた超勉強法④

ダ・ヴィンチNEWS

普通のアラサ―主婦が、知識ゼロから東大大学院合格を果たすまでの実録! 家事や仕事と両立できる“大人”のための勉強メソッドを具体的に紹介。
勉強がニガテな人にもすぐ役立つコツを『普通の主婦が東大大学院に合格して自分の人生を見つけた超勉強法』(ただっち/KADOKAWA)から連載形式でお送りします。

いま、編集部注目の作家

『普通の主婦が東大大学院に合格して自分の人生を見つけた超勉強法』(ただっち/KADOKAWA)

天才じゃなくてもバッチリ暗記できる方法

「取りたい資格があるけど、暗記が苦手……」

 暗記と聞いて、そんなふうに感じる方が多いのではないでしょうか。それもそのはず。暗記が異様に得意な人は結構たくさんいますから、より苦手意識が浮き彫りになりやすいのです。

 もちろん、生まれつき暗記力に長けた特徴のある脳を持った人が一定数います。ですが、ほとんどの人が「天才」ではありません。暗記のコツを知っているだけの「凡人」にすぎません(失礼ですが)。

 コツさえつかめば、誰だって暗記が得意になるのです。

 さて、暗記のコツとは、一体どんなものでしょうか。ポイントは大きく分けて、次の三つです。

【ポイント】
(1)繰り返すこと
(2)何かと関連付けること
(3)感情を付与すること

 (1)の「繰り返すこと」については、ここでは割愛します。

 それでは、(2)の「何かと関連付けること」について考えてみましょう。
 例えば「ラニーニャ現象」について「エルニーニョ現象」と関連付けて暗記することとします。「エルニーニョ現象」とは、海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象のことです。これは「ラニーニャ現象」の逆の現象です。そうすると、「エルニーニョ現象」の概念を把握できていれば、「ラニーニャ現象」はすぐに覚えることができますね。

意味ネットワーク

 例えば、「うさぎ」という言葉は「ほ乳類」「草食動物」「にんじん」といった別の概念とつながりがあります。

 このように記憶の中の言葉は、言葉と言葉の間に意味の関係を作りながらネットワークのように構成されていきます。一つの言葉が活性化すると、他のつながりのある言葉も活性化します。実際に「ほ乳類」という言葉を想像してみてください。色んな動物が頭に思い浮かびますよね。このように、言葉と言葉の間につながりがあればあるほど、思い出すきっかけが多くなるのです。

【次回に続く!】

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル