top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

菅田将暉、綾野剛と星野源の前で見せた“虚無の目”に「体から魂抜くことができるんですか?」「狂気すぎた」と絶賛の声『MIU404』最終話

テレビドガッチ


綾野剛と星野源がW主演を務めるドラマ『MIU404』(TBS系、毎週金曜22:00~)の最終話が、9月4日に放送。インターネット上では、息を飲む展開と菅田将暉演じる最大の敵・久住との攻防に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、『逃げるは恥だが役に立つ』や『アンナチュラル』の脚本家・野木亜紀子によるオリジナルドラマ。犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナルである「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」(通称:4機捜)に所属する伊吹藍(綾野)と志摩一未(星野)らが、24時間というタイムリミットの中、事件解決に奔走する姿を描く。

同時多発爆破テロのニュース映像はフェイク。事態は収束したものの、メロンパンの機捜車両404に犯人が乗車しているという、うその情報がネット上で拡散されてしまったため捜査は行えなくなっていた。伊吹はいつもと変わらないが、志摩はどこか冷めた様子。実はトラックにひき逃げされた同僚の陣馬耕平(橋本じゅん)が、爆破テロの混乱で救急搬送が遅れたため、急性硬膜下血腫を起こし目を覚まさない状態が続いていた。久住を追い詰める寸前で、フェイクに気付かず爆破が起こった病院に向かうという判断をした志摩は「俺のミスだ」と悔やむ。

志摩は、久住にパソコンを乗っ取られ、“フェイクニュース”をバラまいた張本人とされてしまったナウチューバー・REC(渡邊圭祐)に協力を要請。“警察のやり方”では久住に勝てないと考えた志摩は、進退をかけて“自分のやり方”で彼を追い詰めるとし、まずはニセの似顔絵をネットでバラまいた。似顔絵は志摩の仕業だと考えた伊吹は、それとなく「一人で何やっちゃってるの?」と問うが、奥多摩の交番に戻すとふっかけ、伊吹の怒りを誘発する。

ニセの似顔絵下に記載されたURLをクリックすると、久住が使うスマホケースの製造元を突き止めるための情報収集サイトにつながることになっていた。何件かのタレコミの中から製造元を突き止め、警察庁にいる九重世人(岡田健史)を使い、スマホケースの入手経路を探る。そんな2人のやりとりを伊吹は盗聴していた。

志摩は相棒は一時的なものであり「伊吹の判断で久住を取り逃がしたとき、とっさに“信じるべきじゃなかった”って思った」と九重に語る。ここで伊吹は盗聴をやめてしまったが、その後、志摩は「伊吹は正しいヤツで、正しいままでいてほしい。ああいう刑事が一人いたっていい」と本音を明かした。

志摩の握った情報を得た伊吹は、ならばと単独行動を開始。直接久住が潜伏するクルーザーに向かい接触を試みた。冷静に話を進めるが、うまく久住に逃げられる。さらに、ドラッグの製造部屋に閉じ込められ気を失ってしまう。その後、志摩も駆けつけるが、同じく閉じ込められてしまう。志摩が目を覚ますと目の前に久住が。意識がもうろうとする中、倒れたままの伊吹を殺害しようする久住に銃口を向けるが、彼の仲間に、後ろをとられる。そのとき銃声が……。

ネット上では、最終話の放送が開始する前から「MIU404」がトレンド入り。最終話の展開に納得の声が多く「素晴らしい物語に出会えたことに感謝」「素敵な作品をありがとうございました!! これからもずっとずっと大好きです!!」とのコメントが相次いだ。

また、菅田の演技についても「許されず許されたこんな表情、菅田将暉以外生み出せないぞ」「菅田将暉は体から魂抜くことができるんですかね? 顔が違うどころじゃない。瞬く間に虚無 心にぽっかり穴空いたみたい」「菅田将暉くんが狂気すぎた」などと絶賛の声も寄せられた。

来週の9月11日からは、山田涼介(Hey!Say!JUMP)が主演を務めるドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』がスタートする。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル