top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

田中圭演じる瀬野が吐血…まさかの展開に視聴者悲鳴「感情追いつかないよ」『アンサング・シンデレラ』第8話

テレビドガッチ


石原さとみが主演を務める木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第8話が、9月3日に放送。インターネット上では、田中圭演じる瀬野章吾の衝撃的なラストシーンに心配の声が相次いだ(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師として、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。

“調剤の魔術師”ことベテラン薬剤師の荒神寛治(でんでん)が、趣味のマジック練習のために休暇をとるという。毎日バタバタしている薬剤部にそんな余裕はない。荒神の代わりに薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が仕事を兼務するというが、薬剤部主任の刈谷奈緒子(桜井ユキ)は、彼女が何か隠しているのではないかと疑う。

さらに聡子は、在宅医療に特化した調剤薬局「笹の葉薬局」に、薬剤部の中から1人、2週間の研修へ出すことになったと告げる。在宅医療にもともと興味があったみどりは「私行きたいです!」と目を輝かせるが、奈緒子は反対。そこに救急センターに常駐する瀬野が現れる。彼は必要な時だけ救急センターへ行き、一時的に薬剤部に常駐するよう聡子が手配していた。

研修当日。「笹の葉薬局」前で小野塚綾(成田凌)に声をかけられた。彼が薬剤師として働く「ナカノドラッグ」は訪問サービスを検討しており、店長からの命令で“イヤイヤ”来たという。2人が話していると、代表の仁科敦夫(東根作寿英)がちょうど外に出てきた。これから患者の家を回るという。そんな中、末期がん患者のもとへ行くことに。緊張を隠せない2人と店長らを出迎えたのはなんと荒神。妻の泰子(大塚良重)が患者だった。

2週間後、研修をすべて終え、戻ってきたみどり。「留守中、お世話になりました」と瀬野に感謝を述べると、瀬野は「5万円!」と手を出す。薬剤部に戻るつもりはなく「使えない後輩を見ているとイラつくから」と笑顔で憎まれ口をたたいて救急センターに戻っていく。「バイバイ!」と患者の子供に挨拶している彼を見届けた新人薬剤師の相原くるみ(西野七瀬)が、調剤室に戻ろうとすると悲鳴が。振り向くと、瀬野が吐血して倒れていた……。

ネット上ではラストの急展開に“瀬野さん”がトレンド入り。「感情追いつかないよ……」「また一週間モヤモヤしながら過ごさないと」「あまりに衝撃的過ぎて」と心配の声が。一方、くるみの薬剤師としての仕事ぶりに「ちょっぴり薬剤師として成長したかな?」「くるみちゃん服薬指導ほんとめちゃめちゃ上手くなった!!」と応援コメントもあった。

次回、9月10日に放送される第9話では瀬野の病名が発覚する。それは彼にとって受け入れがたいものだった……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル