top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

敗血症の発症から治療法まで。命にかかわる場合の症状とは?

ママテナ

敗血症の発症から治療法まで。命にかかわる場合の症状とは?(C)ママテナ 死亡する確率も高い敗血症。
特に免疫力の低い高齢者にかかりやすい病気とされています。
その症状や治療法をまとめました。

風邪や虫歯が原因でかかることも

高齢者や妊婦、新生児などがかかりやすいといわれている敗血症。

細菌やウイルスが血液中に入って全身にまわり、病原菌が作り出す毒素によって中毒症状を起こし、さまざまな臓器や全身に感染を生じた状態をいいます。

細菌が血液に入り込む原因としては、中耳炎や虫歯の抜歯、風邪、副鼻腔炎などさまざまです。

糖尿病や血液の病気、肝臓や腎臓の病気、抗がん剤を投与されている人などもかかることがあります。

敗血症に罹患する人の約60%が65歳以上、さらに敗血症が原因で死亡する人の80%が65歳以上といわれ、高齢者の疾患ともいわれています。

広告の後にも続きます

また、手術や病気療養中で、カテーテルを体内に挿入していたり、ドレナージ菅や気管内テープなど、医療器具が体内にある場合も細菌に感染しやすいので注意が必要です。

正常な免疫力の人であれば、体に細菌やウイルスが入った場合、体の免疫機能が働き、発熱などの炎症反応を起こして細菌から体を保護します。

でも、免疫力の弱い人の場合、この炎症反応が自分の心臓や肺、腎臓などにダメージを与えてしまいます。

敗血症が重症化した場合、3人に1人が死亡するというデータもあるほど、死亡率の高い病気です。

米国では毎年75万人が敗血症にかかり、そのうち25万人が敗血症で死亡していると報告されています。

早期に治療を開始することがカギ

敗血症は風邪や下痢などの感染症から、血液中に病原体が入りこむことで発症します。



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル