top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

中山美穂が2役に挑戦、不思議な文通が導くドラマとは──「Love Letter」(1995)

エンタメウィーク(映画)

中山美穂が2役に挑戦、不思議な文通が導くドラマとは──「Love Letter」(1995)

解説

「Undo」「花とアリス」の岩井俊二監督の長編第1作。事故で婚約者の樹を亡くした博子は、国道になってしまったという彼が昔住んでいた住所に届くはずのない手紙を出した。しかしその手紙は、婚約者と同姓同名の女性のもとへ届き、2人の不思議な文通が始まるのだった。中山美穂が博子と手紙を受け取る女性、樹の2役を演じ話題となった。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

恋愛もの大好きOLさん ★★★★☆

第19回日本アカデミー賞で作品賞をはじめ、多数の賞を獲得した岩井俊二監督の名作。最近、彼の新作「ラストレター」が公開され、懐かしくなって久々に鑑賞しました。彼の作品は結構人を選ぶものが多い印象ですが、本作は毒っ気が一切ない純愛もので、とにかく心にジーンと響く。オープニングシーンの静けさ、そこから二つの土地を行き来する不思議なやりとりが好きです。藤井樹という男を軸に、彼の婚約者だった博子と、彼の中学の同級生の樹が手紙を交換しはじめる。最初は天国にいる彼とやりとりをしている感覚でしたが、その相手が女性の、全く別人の樹とわかってからが物語が面白くなります。男の藤井の中学の思い出を、博子に話してあげる樹。そこで振り返る中学時代の思い出の淡さがなんとも言えません。そして、博子を好きな秋葉がずっとかっこいい。彼を演じる豊川悦司は、本作でいくつかの賞を受賞しています。彼の方言がなんとも男らしくて、いいんですよね。博子にけじめをつけさせるために、藤井が遭難した山に登って、「博子ちゃんはもらったで!」と挨拶をするシーンの男気と言ったら……。それぞれのキャラクターが、過去を振り返って前に進めるようになる物語。


「Love Letter」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル