top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

生田斗真、トランスジェンダーに挑戦する!「彼らが本気で編むときは、」(2017)

エンタメウィーク(映画)

生田斗真、トランスジェンダーに挑戦する!「彼らが本気で編むときは、」(2017)

解説

「かもめ食堂」の荻上直子監督が5年ぶりにメガホンをとり、トランスジェンダーのリンコと育児放棄された少女トモ、リンコの恋人でトモの叔父のマキオが織り成す奇妙な共同生活を描いた人間ドラマ。生田斗真がトランスジェンダーという難しい役どころに挑み、桐谷健太がその恋人役を演じる。11歳の女の子トモは、母親のヒロミと2人暮らし。ところがある日、ヒロミが育児放棄して家を出てしまう。ひとりぼっちになったトモが叔父マキオの家を訪ねると、マキオは美しい恋人リンコと暮らしていた。元男性であるリンコは、老人ホームで介護士として働いている。母親よりも自分に愛情を注いでくれるリンコに、戸惑いを隠しきれないトモだったが……。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画さん ★★★★★

トランスジェンダーを題材にしたヒューマンドラマ。海外では数年前に「チョコレート・ドーナツ」という作品が公開されていて、それに少し近いものを感じました。日本でここまでしっかりと、トランスジェンダーの女性を捉え、彼女とパートナーの関係性や、第三者から理解する彼らというものを描いた作品は珍しく、とても素晴らしいと感じました。特に、そこに小学5年生の少女の視点を使うからいい。5年生、11歳ってちょうど自分の体つきも変わり始めたり、知識が増え始めて偏見も生まれる年頃ですよね。そんな時に彼女がトランスジェンダーという概念に触れ、自ら学校の図書室で「性と体」についての本を読んで知るシーンがとても印象的でした。彼女を演じる柿原りんかちゃんがとてもいい演技をしていて、今後に期待です。しかし、本作の素晴らしさはやはり主演の生田斗真抜きでは語れません。彼の女装姿はなんとも綺麗で、ビジュアルというより佇まいや物腰が本当に柔らかくて、LGBTQに対する理解を深め役作りを徹底したことが伺えます。パートナー役の桐谷健太の温度感もちょうど良い。エンタメを通して、様々な価値観が浸透すればいいなと思った、名作です。


「彼らが本気で編むときは、」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル