top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

クーラーが苦手な人のための熱帯夜の過ごし方『エコな6つの快眠法』

ママテナ

クーラーが苦手な人のための熱帯夜の過ごし方『エコな6つの快眠法』(C)ママテナ 寝苦しい熱帯夜。
ベッドに入ってもなかなか寝付けず、翌日は寝不足になった経験はありませんか?
クーラーを使って眠ればよいのですが、人によっては翌朝体がだるく感じたりするなど、クーラーが合わない人もいます。
そんな人のために、クーラーを使わずに快適に眠る方法をご紹介します。
この方法なら節電にもなって一石二鳥です。

1、体の血管が多いところに保冷剤をあてる

心地よく眠りにつくために、日中にたまった体の熱を放出させることが必要。

熱帯夜の寝苦しさは、寝室の気温が暑いだけではなく、体の熱が放出できないことも一因です。

首や脇、太ももの付け根など、大きな血管が通っている箇所と、頭を保冷剤で冷やしましょう。

脳のクールダウンも重要なので、頭を冷やすのも効果的です。

はじめの3時間が心地よく眠れれば、そのまま朝まで眠れるので、途中で保冷剤が溶けてしまっても問題ありません。

2、扇風機の前に凍らせたペットボトルを置く

広告の後にも続きます

1.5リットルの空きペットボトルを用意し、その中に水を8分目まで入れて冷凍庫で凍らせておきます。

それを扇風機の前に置くと、扇風機の風が冷気を含み快適に。

ペットボトルは1本で十分ですが、暑がりの人は2本用意しておくとよいでしょう。

溶けるにしたがってペットボトルに大量の水滴がつくので、下にタオルを敷くのを忘れずに。

扇風機は、タイマーにするか、弱にして朝まで活用するか、自分に合った方法を試してみて。

3、寝具をさらっとした質感のものに

体にまとわりつく寝具は、熱帯夜の不快感を増幅させます。



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル