top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

抗うつ薬にはどんな種類がある? 抗うつ薬の副作用と漢方の役割

ママテナ

抗うつ薬にはどんな種類がある? 抗うつ薬の副作用と漢方の役割(C)ママテナ 以前より治療法が増えてきているうつ病ですが、治療の中心となるのは、薬物療法。
抗うつ剤を用いた治療が多く行われています。
軽い症状の場合は、漢方が有効に働くことも。
この代表的な2つの治療薬についてまとめました。

薬で不足した脳内神経伝達物質を整える

病院でうつ病と診断されると、抗うつ薬が処方されます。

薬を使わない治療もありますが、現在でも薬物治療は、最も基本となる重要な治療法です。

うつ病は、強いストレスを感じたことをきっかけに発症することが多い病気です。

というと、精神力が弱いからと思いがちですが、病的な気持ちの落ち込みの直接的原因は、脳内環境がバランスを崩してしまったことにあります。

広告の後にも続きます

このバランスを元の状態に戻すために取り入れられるのが、抗うつ薬です。

脳内環境のバランスを崩す元となっているのが、神経伝達物質。

この物質は、神経細胞と神経細胞の隙間を行き来しながら、脳内の情報を巡らせています。

ストレスを受けると、この物質が減少するため、脳の機能が低下。

気分や意欲を支配する部分が影響を受け、抑うつ症状を引き起こすと考えられています。

うつ病の治療のメインとなるのが、抗うつ薬を用いた治療です。



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル