top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

「身体に悪いから食べちゃダメ!」トイレにこもってトイレットペーパーをむさぼるカンガルー

マランダー



 トイレットペーパーでやらかすのは、わんこやにゃんこの専売特許かと思われたが、実はカンガルーたちもこの巻紙が大好きみたいだ。



 オーストラリアのリゾートホテルで、トイレットペーパーを貪るカンガルーが再び発見されたので報告しよう。
 

Stubborn Kangaroo Won’t Leave Toilet Stall

 事件はオーストラリアのクイーンズランド州、デイドリーム島にあるリゾートホテル、「デイドリーム・アイランド・リゾート」の男子トイレで起こった。

 サラ・マクミランさんは、トイレにカンガルーが入り込まないようにと置かれたベビーゲートに興味を惹かれ、その写真を撮っていた。すると突然、男子トイレにいた夫が自分を呼ぶ声がする。

「?」と思って行ってみると、男子トイレの個室に1匹のカンガルーが立てこもっていたのだ。このカンガルー、「ケヴィン」という名前がついているんだって。



 この日このトイレ周辺は閉鎖中で、ケヴィンが出られなくなることを心配したサラさんは、トイレットペーパーをエサに外へおびき出そうとした。



 だがケヴィン氏、「新鮮な方がいいし!」と新しいトイレットペーパーをモグモグ。


 サラさんが個室に入ってケヴィンを追い出そうとするのだが、彼女の手にあるトイレットペーパーは美味しそうに見えないみたい。

 やっぱり「もっと新しいのがいいし!」とケヴィン氏は無視。


 業を煮やしたサラさんは、「もうおしまい! 身体に悪いでしょ!」と、トイレットペーパーの端っこをしまい込んで、強引にケヴィン氏に退去願ったのであった。

 ケヴィン氏はどうやら、カンガルーの仲間の中でも小型の「ワラルー」らしい。このデイドリーム・アイランド・リゾートでは、以前にもワラルーたちがトイレに押し入ってトイレットペーパーを貪る事件が、何度も何度も報告されている。


The Toilet Paper Bandit

 我々から見ればレアなこの光景も、ここでは日常茶飯事なのかもしれない。

 デイドリーム島は美しいビーチとサンゴ礁に囲まれたトロピカル・アイランドで、島全体が一つのリゾートとなっている。グレートバリアリーフへの玄関口にあたり、ウミガメやクジラなど多くの海の生き物たちに出会えるチャンスもあるみたい。

 トロピカルフィッシュまみれになれる海。
この投稿をInstagramで見る

Daydream Island(@daydreamislandresort)がシェアした投稿 – 2016年 4月月28日午後10時05分PDT


 白いビーチとヤシの木、どこまでも澄んだ青い海……この島も「いつか行きたい場所」リストに加えておこうっと。

written by ruichan

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル