top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

赤ちゃんの肌着ってどんな素材がいいの? 肌着選びで大切なこと

ママテナ

赤ちゃんの肌着ってどんな素材がいいの? 肌着選びで大切なこと(C)ママテナ 肌着はデリケートな赤ちゃんの肌に直接触れるものだからこそ、素材選びにも注意したいですよね。
汗をかきやすく体温調節が未熟な赤ちゃんが心地よく過ごせる、オススメの素材をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

素材は綿100%のものを選ぶ

赤ちゃんは体温が高く汗をかきやすいため、吸水性のある肌着を選んであげることが大切です。

また、まだ自分でうまく体温調節ができないので、保温のためにも肌着は必須だといえます。

そんな赤ちゃんの肌はとても敏感。

とくに敏感な新生児の肌着は、その素材にも気をつけたいものです。

赤ちゃんの肌着は、綿100%のものを選ぶようにしましょう

綿100%の肌着は以下のような特徴があり、肌がデリケートな赤ちゃんにピッタリの素材なのです。

通気性が良い肌ざわりがやさしい吸水性がすぐれている

広告の後にも続きます

また、綿は水を吸うことで丈夫になる繊維なので、洗濯に強いのも魅力的。

肌着はミルクの吐き戻しなどでなにかと汚れてしまい、洗濯する機会も多いですが、綿100%なら長持ちしやすいので、赤ちゃんの衣類としてとくにオススメです。

タグや縫い目が外側にあるもの選ぶ

敏感な赤ちゃんの肌は、小さな刺激でもトラブルを起こしてしまうおそれがあります。

そのため肌着は、タグや縫い目が外側にあるものを選ぶようにしましょう。

新生児用だと、大抵のものは縫い目が外側につけられたデザインになっていますが、知らなければ裏表を反対に着せてしまっていると勘違いすることも……。

大人用の服を見ていると違和感をおぼえるデザインですが、デリケートな赤ちゃんのために考えられたデザインなのです。



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル