top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

朝は温かいものでスタート! 夏の暑さで弱った胃腸は『赤食材』で復活

ママテナ

朝は温かいものでスタート! 夏の暑さで弱った胃腸は『赤食材』で復活(C)ママテナ 夏は暑さでバテると思いがちですが、実は内臓の冷えが原因と言われています。
そこで、東洋医学の食養生を中医師がご紹介。

内臓の冷えは「血」と「気」から治す

暑い日はキンキンに冷やしたビールやジュースにアイス、食事はもっぱら冷たい麺類、といった食生活になりがちだったのでは。

これが原因で、内臓を冷やして食欲不振になったり、「食冷えバテ」になる人が増えています。

中医師の邱紅梅(きゅこうばい)先生は、東洋医学では“冷食冷飲”は健康の大敵といいます。

消化吸収をする胃腸=「脾(ひ)」が冷えると、体を温める「血」が不足。

また、その血を全身に巡らせるエネルギー=「気」も作れない体に。

広告の後にも続きます

内臓冷えが元で力が出なくなり、夏バテになるといいますから注意が必要です。

こういった食冷えバテには、まず冷たいものをなるべく控えること。

そして「血」と「気」を増やして「脾」を元気にする食生活を取り入れることです。

「血」を増やすには、レバーや赤身肉などの“赤食材”が効果的。

さらに豆類や発酵食で「気」を補えば、胃腸系の「脾」も元気に。

丈夫な「脾」は、栄養を上手に吸収できるので、冷えにくく夏でも疲れない体になれます。

「血」を補う赤食材とは



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル