top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

夏の体調不良の原因は自覚の無い冷え? 家にある○○で冷えを予防!

ママテナ

夏の体調不良の原因は自覚の無い冷え? 家にある○○で冷えを予防!(C)ママテナ 夏冷えによって起こる不調の解消には、寝汗を吸い取りながら体を温めてくれるクッキングペーパーがおすすめ!
クッキングペーパーを体に貼って寝る、冷え予防の方法を紹介。

冷え冷えなのに「夏冷え」を自覚していない女性が増加

暑い夏。冷房した部屋で過ごし、口にするのは冷たいもの…。

こんな生活が、知らず知らずのうちにあなたの体に冷えをため込んでいます。

冷えに詳しい医師の川島朗先生によると、夏に不定愁訴(原因が明らかにならない不調)を訴えて病院に来る人が増えているそう。

そういう人たちの体は、たいてい冷え冷え。

ところが、本人は自覚がないのだとか。冷え性を生理学的にみると、ひとつは「体力不足」で熱を自分でつくれない状態。

広告の後にも続きます

本来36度台であるべき平熱が36度以下という低体温の人には、冷え性が多いと言えます。

もうひとつは血流不足。

筋肉には血管が多く、血流が多いので、男性に比べて筋肉が少ない女性には冷え性が多いのです。

また、そもそも夏は体の熱を外に逃がそうとし、冬は熱を保持しようとするのが体に備わった代謝の働きです。

ところが、夏に冷房の中ですごして体の外に熱を逃がさないでいると、秋や冬には熱を十分に作ることができなくなってしまいます。

つまり代謝が落ちるということ。



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル