top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

究極の美人女優が出演した映画作品

エンタメウィーク(映画)

究極の美人女優が出演した映画作品

日本一の美人女優といったら誰? 当たり前ですが、この問いの答えは人によって千差万別あるでしょう。でも、その中でも「綾瀬はるかさんは?」といえば、誰もが「ああ確かに!」と納得するのではないでしょうか。そんな男女問わず広い層に愛され続ける綾瀬はるかさんの魅力と、その出演作品をご紹介しましょう。


みんなに愛されるマイペース&天然ちゃん


綾瀬はるかさんといえば、数多くのテレビ番組や映画に出演する名女優というイメージもある一方で、ド天然で屈託のない明るい性格の女性としても知られます。

学生時代にホリプロのオーディションで審査員特別賞を受賞して芸能界デビューするのですが、そのオーディションを受けた理由が「部活を休む口実として」だというから驚き。ここからすでに綾瀬伝説は始まってますね(笑)。

数多の番組でとぼけたコメントを残したり、天然なセリフで出演者から総ツッコミを受けたりと、まさにつっこみどころ満載のマイペースっぷりを見せる彼女ですが、でもそれが計算ではなく、表裏のない本心だったりするから、みんなが素直に受け入れちゃうのです。

一方でグラビアでは抜群のプロポーションを披露し、NHKの紅白歌合戦では紅組の司会を務めるなど、才色兼備とは彼女のためにある言葉だと思わせるくらいのマルチな才能を持っています。じつは2006年には歌手としてもデビューしていて、オリコン初登場8位を記録する経歴も持っています。

同じく2006年にニュージーランドで衣服に使い捨てカイロを付けていたところ、怪しい行為とみられてスパイに間違えられ、一日拘束されてしまったことも。ビッグスターにありそうなワールドワイドな事件ですが、理由はなんともはるかさんらしいですね!

映画の中のヒロインに恋するファンタジックラブストーリー「今夜、ロマンス劇場で」


画像名

綾瀬はるかさんと坂口健太郎さんが共演し、モノクロ映画の中のヒロインと現実世界の青年が織りなす切ない恋の行方を描いたファンタジックなラブストーリー。映画監督を目指す青年・健司はモノクロ映画のヒロインである美雪に心を奪われ、スクリーンの中の彼女に会うために映画館に通い続けていた。そんなある日、美雪が実体となって健司の前に現われる……。

おしとやか、理知的、活発な女性。演じる物語によって、自身のキャラクターを多様に変化させ演じられる名女優、綾瀬はるかさん。今作では銀幕の中のヒロインという一風変わった設定と、ワガママな性格のキャラというのが凄く新鮮でよかった。
モノクロ映画のヒロインという設定は、オードリー・ヘップバーンが演じた「ローマの休日」のアン王女が元になっているのでしょうか。そんな彼女がローマの市街ではなく、時空を超えたスクリーンの外の世界を満喫する。でも時間がたち、だんだんこの世界にいられなくなって、スクリーンの中に帰らなきゃいけないというのも“住む世界が違う二人”というの関係性を文字通り描いていますね。
ファンタジックでとてもロマンチック、そしてなにより綾瀬はるかさんの切ない表情にグッときます!

▼映画の詳細はコチラ!
映画レビューをもっと見る

クライム・コメディの傑作にも出演!「ザ・マジックアワー」」


画像名

港町・守加護(すかご)を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人に手を出してしまった備後は、命を助けてもらう代わりに伝説の殺し屋・デラ富樫を連れて来ることを命じられる。追い込まれた備後は三流役者の村田を雇い、映画撮影だと思い込ませて殺し屋を演じさせるが……。

三谷幸喜さんが手掛ける人気コメディ「ザ・マジックアワー」は、有名芸能人がこれでもかと登場することでも知られています。主演の佐藤浩市さんをはじめ、マネージャーの小日向文世さん、クラブの支配人に妻夫木聡さん、元踊り子の深津絵里さん。マフィアのボスが西田敏行さんで、ホテルの女支配人が戸田恵子さん、商会会長が香川照之さんと本当に豪華!
そんな中、綾瀬はるかさんはクラブの従業員として「尽くす女」を演じます。やっぱり立ち振る舞いにオーラがあるというか、登場するとパッと花が咲いたように画面が華やぎますね。映画を見ているとまるで芸能界のおもちゃ箱のように、「あの人見たことある!」って人が飛び出してきて楽しすぎる作品です。


▼映画の詳細はコチラ!
映画レビューをもっと見る

「美人女優」と言われたら誰もが異論をはさまないであろう、綾瀬はるかさん。かわいくてキュートでセクシーな面も兼ねそろえる完璧さは視聴者の心を掴んで離しません。ぜひ、彼女が出演している名作映画でその魅力をたっぷりとご堪能あれ♪

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル