top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

元アイドルと聞いてびっくり!実力派女優のヒット映画

エンタメウィーク(映画)

元アイドルと聞いてびっくり!実力派女優のヒット映画

意外にも人気女優のなかにはアイドル出身者が多いもの。人気シリーズ「ハケンの品格」(日本テレビ系)で主演を務めている篠原涼子さんも、なんと元々はアイドル! 最近では「千年に一人の逸材」と呼び声高い橋本環奈さんが、様々な人気作品に出演しているのも記憶に新しいはず。

そこで今回はアイドル活動を経て人気女優へと大成した元アイドルと、そのヒット作品をご紹介! 有名どころの女優さんはもちろん、はじめてアイドルだと知る人もいるかもしれませんよ。


大人の気品とお茶目さが漂う綾瀬はるかさんの名演技「今夜、ロマンス劇場で」


画像名
公開:2018年
出演:綾瀬はるか、坂口健太郎、本田翼、北村一輝、中尾明慶

ヒロインの美雪を演じるのは、元「HiP」メンバーの綾瀬はるかさん! なんとこのアイドルグループ、深田恭子さんも所属していた超豪華ユニットだったんです。
本作は映画監督を目指す青年と、スクリーンから飛び出したお姫様の摩訶不思議なラブストーリー。美雪と健司は一緒に過ごすうちに、だんだんと惹かれあっていきます。

しかし、美雪には「人の温もりに触れると消えてしまう」という秘密が。お互いには決して触れずに一緒に過ごすことを選択する2人ですが、あくまで人間と映像の中の登場人物。健司は年を取りますが、美雪はスクリーンから出てきたまま姿を変えません。そんな悲恋的な展開ですが、ラストシーンでは誰も予想できないまさかの結末が。最大限のハッピーエンドに思わず涙がこぼれます。
本作は「ローマの休日」をオマージュしただけあり、ファッションやセリフからそのエッセンスが垣間見えるはず。映画好きが見ても満足できる名作邦画です。

▼映画の詳細はコチラ!
映画レビューをもっと見る

篠原涼子さんが元コギャル役に挑戦!「SUNNY 強い気持ち・強い愛」


画像名
公開:2018年
出演:篠原涼子、広瀬すず、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美

1990年代に一世を風靡した「コギャルブーム」。本作ではそんな女子高生たちが主役だった時代を生きた6人の20年後を描きます。主役の奈美を演じるのは、元「東京パフォーマンスドール」のメンバーだった篠原涼子さん! 数々のドラマや映画で主演を務めているイメージがあるため、元アイドルだったなんてちょっと意外。

ともに90年代を謳歌した仲良し女子高生6人グループ「SUNNY」のメンバーは、大人になった今でも20年前のある事件を機に顔を合わせなくなっていた。専業主婦になった奈美は、ある日メンバーの1人である芹香と再会しますが、末期がんに冒されていることを告白されます。「最後にもう一度みんなに会いたい」と願う芹香。その願いを叶えるため行動を起こす奈美ですが、果たして「SUNNY」のメンバーは再集合できるのでしょうか? 
なんといっても心打たれるのは、90年代の回想シーン。SNSがない時代だからこそできた強固な絆は、同じ年代の視聴者であれば当時を懐かしみ共感できるはず。随所で流れる懐かしのヒットソングと一緒に、あの頃を思い出してみては?

▼映画の詳細はコチラ!
映画レビューをもっと見る

胸キュンSF恋愛小説を川栄李奈さんが実写化!「九月の恋と出会うまで」


画像名
公開:2019年
出演:高橋一生、川口春奈、浜野謙太、中村優子、川栄李奈

本作に出演しているのは、元「AKB48」の川栄李奈さん。ヒロインである志織の後輩・香穂役を熱演しています。そのコミカルなキャラクターがシリアスなストーリーのアクセントとなっていて、映画を見た人からは絶賛の声が上がりました。
物語は志織がマンションへと引っ越しをするシーンから始まります。隣人はどこか不思議な雰囲気の男性・平野。ある日、部屋の壁から「平野を尾行して」と声がしたことを皮切りに、不思議な事件へ巻き込まれていきます。

その不思議な壁の声の正体はなんと1年後の未来を生きる平野だというんだからびっくり。本来その日に志織の部屋に強盗が入り、死んでしまう運命だったという。しかし、志織の運命が変わることで時空が歪み「タイムパラドクス」が生じてしまいます。お互いを助けるうちに惹かれあう志織と平野。しかし2人の間には越えられない時空の壁が……! 
本作の見どころはなんといってもSFチックで先の読めない展開。恋と時間のはざまで葛藤する2人の恋の行方は必見です。


▼映画の詳細はコチラ!
映画レビューをもっと見る

まるで本人!?橋本環奈さんが人気女優役に「十二人の死にたい子どもたち」


画像名
公開:2019年
出演:杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜

今をときめく人気若手俳優をふんだんに使ったことで話題になった一作です。廃病院に集まった12人の子供たちの目的は、集団安楽死。しかし、病院の一角にはいるはずのない13人目の少年の亡骸が……。このままでは、12人全員が犯人に仕立て上げられてしまう。計画を実行するか、13人目の正体を明らかにするべきか。多数決を取りながら物語が進んでいきます。

本作に出演しているのは、「Rev. from DVL」でご当地アイドルとして活動していた橋本環奈さん。ストーリー内では若き人気女優という、ピッタリな役を演じています。本作の面白い点は、タイトルにもなっている「死にたい」思いの裏付けがしっかりとられているところ。12人それぞれがなぜ死を選んだのかが作中で語られるため、視聴者側も納得して物語に身を任せることができます。13人目の正体が分かった時、12人のとる行動とは……!? 予想を裏切られる結末に驚いてしまうこと間違いなし。


▼映画の詳細はコチラ!
映画レビューをもっと見る

今回は「実力派女優」と呼び声高い元アイドルをご紹介しました!
なかには「この女優さんが元アイドルだったなんて!」とびっくりする人もいたかもしれません。
作品によっては歌やダンスなど元アイドルだからこそできる役もあり、それこそが彼女たちの強みになっているのかもしれませんね。
今後もアイドルグループから生まれる名女優たちに注目です!

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル