top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

生田斗真が闇社会への復讐を誓うサスペンスドラマ「グラスホッパー」(2015)

エンタメウィーク(映画)

生田斗真が闇社会への復讐を誓うサスペンスドラマ「グラスホッパー」(2015)(C)エンタメウィーク(映画) 人気作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説を、生田斗真、浅野忠信、山田涼介(Hey! Say! JUMP)の豪華共演で映画化。「犯人に告ぐ」「イキガミ」、生田主演の「脳男」などで知られる瀧本智行監督が、再び生田主演作でメガホンをとった。仕組まれた事故により恋人を失った教師・鈴木は、復讐のため教員としての職を捨て、裏社会の組織に潜入する。

解説

人気作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説を、生田斗真、浅野忠信、山田涼介(Hey! Say! JUMP)の豪華共演で映画化。「犯人に告ぐ」「イキガミ」、生田主演の「脳男」などで知られる瀧本智行監督が、再び生田主演作でメガホンをとった。仕組まれた事故により恋人を失った教師・鈴木は、復讐のため教員としての職を捨て、裏社会の組織に潜入する。しかし、復讐を遂げようとした相手は「押し屋」と呼ばれる殺し屋によって殺されてしまう。押し屋の正体を探ろうとした鈴木だったが、自らの嘘がばれ、組織から追われる身になってしまう。ハロウィンの夜に渋谷のスクランブル交差点で起こった事故をきっかけに、心に闇を抱えた3人の男の運命が交錯していく様を描いた。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

スリルがクセになるさん ★★★★☆

原作は伊坂幸太郎。渋谷のスクランブル交差点の無差別ひき逃げ事件で自分の妻を殺された主人公が、その犯人の父が会長の会社に復讐を誓って潜入します。しかし、元教師だしただの一般人の彼が闇社会に一人で打ち勝てるわけもなく、むしろどんどん深みに巻き込まれていきます。そんな主人公を生田斗真が演じるのですが、彼の困惑した表情と妻を亡くした悲壮感がはまり役でしたね。彼目当てで本作を見たんだけど、実は脇もかなり豪華で、むしろ蝉という名の殺し屋演じる山田涼介がかなり良い演技をしていました。ナイフ使いとして、裏社会の人間をどんどん殺していくわけですが、実は孤独を抱えていて、人一倍生きることに執着しているっていうのが人間味があって良いキャラです。山田涼介がこんな吹っ切れた役を違和感なく演じきっているのに少し驚いてしまったぐらい。アクションシーンも見事なものでした!また、彼と後に対立することになる鯨という殺し屋を演じるのは浅野忠信。この人はもうそこにいるだけで空気を変える役者ですが、本作では彼の錯覚とかが映画に不思議な味を持たせていて、印象的でした。あと、ヤクザの菜々緒がはまり役すぎて最高にかっこいいです。


「グラスホッパー」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル