top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

前田敦子のどんでん返しに必ず驚く「イニシエーション・ラブ」(2015)

エンタメウィーク(映画)

前田敦子のどんでん返しに必ず驚く「イニシエーション・ラブ」(2015)(C)エンタメウィーク(映画) 松田翔太と前田敦子の共演で、乾くるみの人気小説を映画化。原作は、最後の2行に仕掛けられたどんでん返しが評判を呼び、発表から10年以上を経て130万部を超えるベストセラーになった話題作。

解説

松田翔太と前田敦子の共演で、乾くるみの人気小説を映画化。原作は、最後の2行に仕掛けられたどんでん返しが評判を呼び、発表から10年以上を経て130万部を超えるベストセラーになった話題作。映画は、1980年代後半の静岡を舞台に、奥手で恋愛経験のない大学生・鈴木が、合コンで知り合った女性マユとの日々を通して変化していく姿を描く「Side-A」、就職先の会社で東京本社に転勤することになった鈴木がマユを置いて上京し、本社の同僚・美弥子との出会いで心が揺れる「Side-B」という2つの物語が並行しながら、原作とは異なるエンディングを迎える。監督は「SPEC」「TRICK」シリーズの堤幸彦。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

スリルがクセになるさん ★★★★☆

原作読んだ時はあまりの衝撃っぷりにまた冒頭に戻って読み直しました。それがまさかの映画化!ちゃんと、みんな「えっ!?」って驚いて再確認したいパートが映画内で丁寧に回収されているので、もっとわかりやすくなっています。初見の人には、ネタバレ絶対NGの作品なので要注意。少し前の時代の静岡を舞台に、デブでモテない冴えない男が合コンで出会った美女と恋に落ちる物語。この美女演じる前田敦子が死ぬほど可愛い!ファッションも80年代、90年代初期な感じで素敵だし、レトロ意識のヘアメイクもとても似合っているんです。こんなの合コンにきたら、高嶺の花すぎて声もかけられないけど、主人公はそこに怯まずアッタクしていく感じが高感度もてます。彼は女性経験こそないけど、その分彼女をとても大切にしていて、自分を高みに持ってこうと努力する。そういう優しさがベースにあるから、元々はモテる男なんですよね。だから痩せて松田翔太になった時、他の女の子にも色目を使われちゃうというか。うまくいっていた恋がうまくいかなくなってしまう葛藤の焦燥感が、この映画からはとても伝わる。これは主人公の男の成長物語だ……と思っていたら、最高のしっぺ返しをくらいました。


「陽だまりの彼女」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル