top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

ほったらかしで料理が完成! 料理の手間が省けるおすすめ「電気調理鍋」4選

食楽web

食楽web

 新型コロナの蔓延によるテレワークや外出自粛の増加で、家ごはんの機会が以前よりも増えました。とはいえ、毎日暑いなか台所に立って料理を作るのは面倒だし、逆に調理に手間がかかるこだわりの一品を作りたい! と意気込んでも、実際にはそこまでの時間はとれない……そんなジレンマに陥っている人も多いんじゃないでしょうか。

 そんな人におすすめしたいのが、いま話題の電気調理鍋です。なにしろ材料を入れてボタンを押すだけの自動調理。食事作りの負担を大幅に減らしてくれるうえ、手のこんだ料理もお手のもの。もちろん、自動調理以外にも、さまざまな独自の調理方法が試せます。いつもの料理がワンランクアップする、いまオススメの電気調理鍋を4品ご紹介します。

アイリスオーヤマの電気圧力鍋なら2万以下、調理モードが豊富でコスパ良し!

アイリスオーヤマ「電気圧力鍋KPC-MA2」1万8800円(税込)。自動調理メニューには圧力調理だけでなく、ヨーグルトや塩麹などの発酵食品、ローストビーフや鶏ハムといった低温調理まで幅広い料理に対応。30~100℃の温度調整が可能

 まずご紹介するのはアイリスオーヤマ「電気圧力鍋KPC-MA2」。65種類の自動調理メニューを搭載した、容量2.2リットルの電気圧力鍋です。少人数の家庭にちょうどいいコンパクトサイズですね。自動調理メニューのほかに手動メニューが6種類あり、調理時間や温度、火力などを設定して使うことも可能です。操作も簡単で、つまみとボタンで調理モードや調理時間を設定するだけでOK。

手動メニューの「鍋モード」にすれば、ふたを開けても活用できる

 この電気圧力鍋、実はグリル鍋としても使えます。卓上での取り分けがしやすい高さで、ふたをはずして鍋料理などが楽しめるんです。また、「お手入れモード」も搭載しており、水を入れて煮沸洗浄し、内鍋の汚れやにおいを落とすことができるのも、忙しい人には嬉しい機能です。

1度に3~4人分の料理を作ることができる「電気圧力鍋4.0L」。

 ちなみに「もう少し大きい容量のモデルが欲しい」という人には、8月31日に発売される「電機圧力鍋4.0L」がおすすめ。3~4人分の料理が一度に作れます。「電気圧力鍋KPC-MA2」は65種類の自動調理メニューを搭載していましたが、新モデルにはさらに15種類追加され、なんと全80種類の自動調理メニューから選択できるようになります。

「ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋」なら炒め調理や煮詰めも自由自在

ティファール「ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋」2万6400円。5種類の調理モードや3種類のレシピモードだけでなく、2種類の炊飯モードや保温の機能も搭載

 次にご紹介するのは、ティファール「ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋」。5つの「調理モード」を搭載した、容量3リットルの電気圧力鍋です。調理時間を短縮でき、栄養も逃さない「圧力調理」や、ふたを開けたまま炒めものができる「炒める」、付属の蒸し台を使う「蒸す」など、さまざまな調理モードで毎日の料理のバラエティが広がります。

 なお、「レシピモード」にはカレー、角煮、肉じゃがの3種類があり、材料を入れてボタンをワンタッチで作ることができるので、あっという間に料理が完成します。お鍋はこびりつきにくく、洗いやすいフッ素樹脂加工。使い勝手もよく、お手入れも簡単にできます。

こだわりの圧力調理ができる! 象印の自動圧力IH鍋

象印「圧力IHなべ 煮込み自慢 EL-MB30」2万5600円。1.2気圧と1.0気圧を調理途中で切り替える「可変圧力」と、1.2気圧を継続する「一定圧力」の機能があるのが大きな特徴。IHの高火力で具材にムラなく熱を伝える

 象印の「圧力IHなべ 煮込み自慢 EL-MB30」は、容量1.5リットルで、50メニューの「予約調理」ができる電気圧力鍋。また、自動調理か手動調理を選択し、そこから「可変圧力」「一定圧力」「温度調理」「無水調理」の調理メニューを選ぶことができます。

 かき混ぜなくても味がしみ込む「可変圧力」、やわらかい食材でも煮くずれせずに味がしみこむ「一定圧力」のメニューを使い分けられるのが魅力で、しっかり味をしみこませることができますよ。

「温度調理」では、低温でローストビーフを作ったり、ヨーグルトなどの発酵料理もできるので、料理の幅がぐんと広がります。また、素材の栄養や旨みを凝縮する「無水調理」もでき、ほうれん草やブロッコリーなどは、水をほとんど使わずにゆでられます。

 調理後のにおいが気になる場合は、水を入れて「クリーニング」機能でにおいを抑えられます。においによっては完全には落ちないものもありますが、この機能でお手入れが簡単にできます。

おいしさ凝縮! シャープの水なし自動調理鍋

シャープ「ヘルシオ ホットクックKN-HW24E」5万7880円。一人暮らし世帯が使いやすい1.0Lの小容量タイプ「KN-HW10E」もある。

 最後にご紹介するのは、シャープ「ヘルシオ ホットクックKN-HW24E」。容量2.4リットルの自動メニュー130種類、手動メニュー25種類を搭載した、大人気の自動調理鍋です。水を入れずに食材の水分で調理するため、おいしさがぎゅっと詰まった料理が簡単にできます。しっかり煮詰めて照りを出したいときに使える煮詰め機能や、火力や混ぜ方など好みの加熱機能を設定できるなど、自分好みの料理が作りたい人には特におすすめです。

 また、内鍋ごと冷蔵庫に入れて保存できるようにふたも付属しているので、料理が余っても安心です。ふたは平らなので、上に物が重ねられるのも嬉しいポイント。

 ちなみに上位機種は無線LAN接続に対応しており、メニューの追加なども可能。材料と作り方を音声案内してくれるので、レシピブックを見なくても料理が作れます。そして内鍋にこびりついた汚れを取れやすくする、「お手入れモード」も搭載。重曹と水を入れてスタートするだけなので、お手入れもラクラクです。

・・・・・・・

 いずれの電気調理鍋にも、圧力調理だけでなくさまざまな機能があるので、料理の幅が広がりますね。こだわりの料理を作りたい人や、時短調理をしたい人、どちらにもおすすめできる調理家電ばかりです。ぜひお試しください。

(取材・文◎嘉陽 桃)

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル