top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

洗濯を代行!?“洗濯のプロ”がいるコインランドリーでプロ技を伝授してもらった

パパコミ

今年は梅雨が長引いて、たまっていく洗濯物を目にするたびに、「早く梅雨明けしてほしい」と願うパパやママも多かったようです。こんな時に大活躍するのが、洗濯物をふんわり乾かしてくれるコインランドリーでしょう。最近、神奈川県の湘南台に、「洗濯の代行」を手掛ける、コインランドリーのプロがいる店ができたそうです。一体どんな技を持っているのか? 今回はその様子を垣間見るとともに、コインランドリーを賢く使うテクニックを教えてもらいたいと思います。

“洗濯のプロ”がいるランドリーはここが違った!

そのプロがいるという店は、小田急線湘南台駅から徒歩15分の場所にある「WASH TERRACE」。一見普通のコインランドリーですが、店内の洗濯機や乾燥機では、QR決済ができ、WEBサイトで使用状況もわかるようです。さらに、スニーカー用の洗濯機と乾燥機もありました。これが、今どきのコインランドリーなのでしょうか……。

店舗スタッフの方に聞いてみると、どうやら「洗濯代行」というのが、このランドリーが行っているイチオシのサービスのようです。専用のランドリーバッグに洗濯物を入れて、カウンターで手渡すと、最短で2-3時間程度で洗濯してくれるのだとか。それも、きちんと畳んだ状態で戻してくれるようです。

「Mサイズのランドリーバッグなら、Tシャツが約40枚入ります。お子様が1人の3人家族で、4日分ぐらいの衣類を、まとめてお預けいただけます」(茂木さん)

茂木さんは、洗濯代行サービスを行っている“洗濯のプロ”。洗濯代行ならではのメリットってなんでしょうか?

「何よりも、ご家庭で洗濯にかける時間を別のことにお使いいただける“家事の時短”。また、プロのスタッフにお任せいただき、洗濯代行専用の洗濯機、乾燥機で洗濯するという“安心”。間違った洗濯方法で衣類をダメにしてしまう……ということもありません。また『WASH TERRACE』では、ウイルスを不活性化する洗剤、着るだけでスキンケア効果が期待できる柔軟剤などもお選びいただけます。特にアルガンオイルを配合した柔軟剤は、オレイン酸とビタミンEを多く含んでいるので、エイジングケア効果が期待できると好評です」(茂木さん)

ちなみに、店内には女性スタッフの方もいるので、希望すれば男女どちらのスタッフの方に洗濯をお願いするかを、指定することもできるのだとか。洗濯ネットに入れた洗濯物は、中を開けずに戻してくれるので、下着類の洗濯も安心してお願いできそうです。

コインランドリーのプロによる洗濯術とは?

では、さっそく洗濯代行のプロ技を見せてもらいましょう。

ランドリーバックを手渡し、洗剤と柔軟剤を選ぶと、洗濯物は洗濯代行専用の洗濯機へと運ばれます。この時、ヒモなどは洗濯中に引っかかって取れないよう、衣類の内側に入れるなど、ひと手間をかけているそうです。

ちなみに、洗濯をする際に一番注意しているのは、「ポケットに忘れ物がないか調べる」ことだとか。そうですよね、定番ですが大事なことですよね。セルフのコインランドリーを利用する際に、洗濯物のポケットにリップクリームを入れたまま洗濯してしまい、衣類がベトベトになった、なんて方もいたそうです。

さて、洗濯が終わったら、次は同じく洗濯代行サービス用に用意された、専用の乾燥機の出番です。ここで、茂木さんが注意しているのは、主に以下のことだとか。

・乾燥機に入れる量の目安は、“洗濯物が上からフワっと落ちる”程度
・Tシャツは20分ぐらいで乾くので、乾燥に時間を要す他のものと一緒に乾燥機にかけない
・羽毛布団は乾燥に時間がかかり、乾燥機でふわふわに仕上げるため、重い毛布や衣類と一緒に乾燥させない
・乾燥が終わったら、シワ防止のためなるべくすぐに畳む

ドラムによって回転した洗濯物が、天井に近づいたときにフワっと落ちてくるぐらいが、洗濯物がふかふかに乾く一つの目安だそうです。目安量はドラムの半分より少ないぐらい。「○○kg」という容量が、乾かす洗濯物よりワンサイズ大きい乾燥機を選んだ方が、よりよい仕上がりになるのだとか。

あとは、乾いた洗濯物を乾燥機に入れっぱなしにするのは、シワになったり生地が傷んでしまうのでNG。羽毛布団などは他の洗濯物と一緒に乾燥機にかけ続けると、水気を吸った洗濯物に圧迫されて、フカフカにならないこともあるそうです。

そして、乾燥が終わったら、いち早く畳むのが、洗濯物にシワを寄せないコツなのだとか。このとき、「WASH TERRACE」では、種類別に分けた洗濯物を、ビニール袋に入れて適度に圧縮しています。こうすることで、シワを寄せることなく、家まで持って帰れるそうです。

こうして洗濯が終わった洗濯物は、ランドリーバッグに入れられて、持ち主の元に戻ってきます。

……1週間に1~2回預けるだけで、洗濯の手間から解放されるというのは、かなり魅力的なのではないでしょうか。通勤前に洗濯物を預けて、帰宅途中で引き取るのも良し。週末には家族で食事や買い物に行く途中で、洗濯物を預けることもできそうです。

コインランドリーを使うにしても、洗いはじめ、乾燥をするタイミングのそれぞれに機械を操作する必要があります。そのたびに、コインランドリーを訪ねたり、店内で待ったりするのではなく、時には洗濯代行サービスを使って、空いた時間を家族と過ごす時間に充てるのもアリかもしれません。

「洗濯の仕方が分からないカーテンやラグなどは、洗濯代行サービスに任せるというお客様もいらっしゃいます。旅行帰りに溜まった洗濯物を、帰宅中に預けていかれる方もいらっしゃいました」(茂木さん)

なるほど、旅行で疲れて帰ってきて、次の日に溜まった汚れ物を洗濯するのは面倒なもの。それを、洗濯代行サービスに預けてしまおうというのは、ナイスアイディアです。

洗濯代行のプロ直伝!コインランドリーを賢く使う方法

最後に、茂木さんに一般的なコインランドリーを賢く使うポイントを聞いてみました。

まずは、店内が混む時間帯についてですが、午前中は洗濯機や乾燥機が埋まっていることが多いのだとか。近くにファミレスがあるなど、立地によってはランチやディナータイムも混雑しているケースがあるようです。

「後は、土日にまとめて洗濯をしようとする方が多いのか、金曜日は比較的に店内が空いている印象ですね。1日早くコインランドリーに行けば、待ち時間なしで洗濯できるかもしれません」(茂木さん)

そして、洗濯機や乾燥機のスペックにも注目なのだとか。何よりも速さを優先するのであれば、1台に洗濯機と乾燥機の機能が集約された“洗濯乾燥機”を使うことで、普通の洗濯物なら70分ぐらいで乾燥までを終わらせることが可能です。また、洗濯機によって脱水機能にも違いがあり、強力に脱水できる洗濯機を使うと、その後の乾燥時間が10分ぐらい短く済むこともあるそうです。

コインランドリーで超本格的なコーヒーが飲める⁉

ちなみに、「WASH TERRACE」にはカフェスペースがあり、コロンビア産の最高級コーヒー豆エメラルドマウンテンを、「カフェ・ド・フロール」というパリの老舗カフェでも使っているフランス製のコーヒーマシンで淹れていました。カフェを利用するついでに、コインランドリーを利用したり、洗濯代行を利用したり……少し憂鬱な洗濯という家事も「おいしいコーヒーが飲める!」と思うと楽しみになるかも。

これから、ゲリラ豪雨や台風のシーズンがやってきます。部屋干しや洗濯物の乾きづらさにわずらわしさを感じるこの機会に、洗濯代行を一度利用してみてはいかがでしょうか。洗濯にかかる手間と時間から解放されて、家族でゆったりと過ごす時間が増えるかもしれません。

▼サービスメニューや料金など、WASH TERRACEの詳細はこちら
https://wash-terrace.jp/

TOPICS

ランキング

ジャンル