top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

SNSを席巻!韓国発おうちスイーツ「グリークモモ」の上手な作り方

macaroni

グリークモモがSNSを席巻中♪

トゥンカロンやタルゴナコーヒーなど、次々と新しいブームが生まれる韓国スイーツ。そんな韓国発のスイーツのなかで、いまSNSを席巻しているのが「グリークモモ」です。

この記事では、元パティシエの筆者が注目スイーツの作り方を詳しく解説!旬のモモをおいしく味わいましょう♪

韓国発!グリークモモとは…

グリークモモとは、皮をむいて種をくりぬいた桃の中にギリシャヨーグルトを詰め、グラノーラやナッツを敷き詰めたプレートにのせたスイーツ。韓国ではハッシュタグ「그릭모모(グリークモモ)」で、2,000件以上投稿されています!

ギリシャヨーグルトの濃厚なコクと、ジューシーで甘い桃の味わいがマッチした、なんとも幸せなスイーツ。

発祥は韓国のカフェ

韓国のカフェで誕生し、見た目のかわいさと確実なおいしさからじわじわと広がりを見せています。桃とヨーグルト、グラノーラという身近な食材で作れるため、手作りする人も急増中。

ちなみにグリーク(Greek)とは、「ギリシャの」という意味を持ち、ギリシャヨーグルトを使うところからグリークモモの名が付いたようです。

簡単に作れる!グリークモモのレシピ

桃とギリシャヨーグルトさえ準備できれば、あっという間にできます。さっそく作っていきましょう。

材料

・桃……1個
・ギリシャヨーグルト……70~80g
・グラノーラ……適量
・はちみつ……お好みで

※今回は市販のギリシャヨーグルトを使いましたが、普通のヨーグルトを水切りしたものでも代用できます。

下準備

ギリシャヨーグルトは桃に詰めやすいように絞り袋に詰めておきます。100円均一で売られている使い捨て用の絞り袋でもOK。

もし絞り袋がなければ厚手のポリ袋に詰めておきましょう。

作り方

1. 桃の種をくり抜く

桃を洗って水気をふき取り、種を抜いていきます。

ヘタの部分を上にし、ペティナイフで直径2cmほどの円を描くように切り込みを入れていきます。直径2cmほどの丸抜き型があれば写真のように差すだけで、きれいに丸く切り込みを入れられますよ。

抜き型をゆっくりと回しながら差し込み、1.5cmほど差し込んだら抜きます。

スプーンを使って種を抜いていきます。種の輪郭をなぞるようにスプーンを動かし、桃を回転させながら作業します。勢い余って突き抜けないように注意してくださいね。

小さめのティースプーンで、あまりカーブが付いていないものを使うのがポイント。なおかつスプーンの先端が薄いと、種のまわりの果肉を取り除きやすいのでおすすめですよ。

きれいに種が取り除けました。種のまわりに付いた果肉は残さず召し上がってくださいね♪

2. 桃の皮をむく

種をくりぬいた側の皮をつまみ、ゆっくりと引っ張りながら皮をむいていきます。

湯煎につけてむく方法もありますが、短時間とはいえ桃に火が入ってしまいます。食感が悪くなったり温まってしまうので、あまりおすすめはしません。

むきはじめさえうまくつまめれば、意外ときれいにむくことができますよ。

桃を持つ手が力むと、桃が傷ついて変色してしまうので注意してくださいね。

つるんときれいに皮をむけました。

皮をむいた桃は変色しやすいので、ここからは時間勝負ですよ!

3. ヨーグルトを詰める

くりぬいた桃にギリシャヨーグルトを詰めます。絞り袋を使うと中に空気が入ることなく、きれいに詰められますよ。ポリ袋を使うときはヨーグルトを袋の端に集め、先端をハサミでカットして同様に作業してください。

絞り袋を深く差し込み、空洞ができないように詰めるのがポイントですよ。

くりぬいた桃にしっかりとヨーグルトが入りました。ここまで来たら完成までもう少しですよ!

4. グラノーラを敷いた皿にのせてできあがり

皿にグラノーラやナッツを敷き詰め、グリークモモをのせてできあがりです♪トップにミントやタイムを飾ると彩りがよくなりますよ。

グラノーラのドライフルーツの色が入ると桃がパッと映えますね。とてもかわいらしく仕上がりました。

上手に作るポイントは…

上手に作るポイントは、桃のむき方にあります。

皮がきれいにむけたつるんとしたビジュアルが魅力のグリークモモは、桃の扱い方が命。皮をむいている最中に傷つけてしまうと、見た目が悪くなってしまいます。極力傷をつけないようにやさしく扱ってくださいね。

皮をむいてからはどんどん変色が進むので、作業のスピードを上げていきましょう!

2~3時間前から冷やすのがベスト!

桃は2~3時間冷やすと、もっとも香りや甘さを感じやすいといわれています。意外かもしれませんが、ずっと冷やしていると甘みが感じにくくなってしまうようです。

グリークモモを作る2~3時間前に冷蔵庫に入れておくと、ベストな状態で桃を味わえますよ。

クリームのアレンジも可能!

中に詰めるものは自由にアレンジできます。今回はギリシャヨーグルト単体を詰めましたが、ギリシャヨーグルトに生クリームを混ぜ合わせたものや、マスカルポーネを使ってもおいしく作れます。

ある程度固さがあるものなら詰められるので、好みのアレンジを楽しんでくださいね♪

気になる味は…?濃厚&ジューシー♪

半分にカットしてみると、ごらんの通りとろっとろのギリシャヨーグルトが顔を出しました。桃と合わせて食べてみると、濃厚なヨーグルトとジューシーな桃で間違いないおいしさ。サクサク食感のグラノーラがいいアクセントになっていますよ。

桃グラノーラにははちみつをかけて食べるのが定番のようですが、完熟したおいしいももだったので、桃だけでも十分な甘みが感じられました。好みではちみつやメープルシロップをかけて、味に変化を付けてみてくださいね。

今回は比較的水分が多いヨーグルトを使いましたが、しっかりと水切りしたものを使えばまた違った食感が味わえそうです。

最新韓国スイーツを先取り!

桃とギリシャヨーグルトだけでできるお手軽スイーツ、グリークモモ。丸ごとの桃をひとり占めできるのも、旬の時期ならではですよね。

材料さえそろえば手軽に作れるので、ぜひ手作りのグリークモモでおうちで韓国カフェ気分を堪能してくださいね♪

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル