top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

池田エライザ&田口トモロヲW主演ドラマ『名建築で昼食を』に小川紗良と三上寛の出演が決定

テレビドガッチ


池田エライザと田口トモロヲがW主演する真夜中ドラマ『名建築で昼食を』(テレビ大阪、毎週土曜24:56~/BSテレ東・BSテレ東4K、毎週土曜24:00~ ※NTTぷらら「ひかりTV」で1週間先行配信)が、8月15日から放送スタート。このたび、若手女優の小川紗良とフォークロックシンガーであり詩人、俳優としても活躍する三上寛が出演することがわかった。

本作は、甲斐みのりによる「歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ」(エクスナレッジ刊)を原案とした、ドキュメンタリー要素のある新感覚ドラマ。有名建築家を父に持つ建築模型士・植草千明(田口)と、広告代理店で働く春野藤(池田)が繰り広げるアドリブを交えながらの芝居や、後世に残したい名建築やその中で食べる絶品ランチは必見だ。

今回発表された小川は、藤の友人・山口綾子を演じる。この決定について「原案の『歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ』がドンピシャで好きな世界観でワクワクすると同時に、これをドラマにするの?! と驚いてドキドキしました。この作品と出会ってから、普段街を歩くときも建物が気になって気になって……上ばかり見て歩いています。開発が進み、ツルピカの建物が増えていく東京ですが、その中でも変わらずどっしり構えた名建築と出会うと心がホッとします。このドラマも、そんな作品となれば嬉しいです。同い年の池田さんとのセッションを楽しみながら、そして何より健康第一で、心安らぐドラマにしていきたいと思います」と意気込みを語る。

千明いきつけの喫茶店マスターを演じる三上は、「音楽の現場に身を置きながら、演技の世界に対する興味を失う事ができないのは、たくさんのスタッフと共に仕事する、音楽でいうならオーケストラのようなそれは、実は、『孤独の領域』を維持する事だからだろう。私はこの人物の事を、こういう風に捉えますということは、『貴方は誰ですか』という問い掛けになるからだと思っています」とメッセージを寄せた。

<第1話「アンスティチュ・フランセ東京」あらすじ>
ノスタルジックで可愛らしい「乙女建築」めぐりが趣味で、SNSにその成果をあげている千明(田口)。そのSNSにコンタクトをとってきた藤(池田)とメッセージを交わすうち、一緒に名建築でランチをすることに。訪れたのは、1952年にフランス語学校として設立されたアンスティチュ・フランセ東京。設計したのはル・コルビュジェに師事した日本モダニズム建築の第一人者、坂倉準三。千明と一緒に乙女建築を巡り、独特の建築の見方の楽しさや、千明の人となりに触れることによって藤は次第に「乙女建築」に惹かれていく。そして、友人の綾子(小川)とカフェ開業に向けて話し合い、決意を強めるのであった。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル