top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

【インタビュー】舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」栗原類&吉田健悟 藤井流星&神山智洋とは「自然と会話が生まれて、自然と会話が消える」関係性

もっとエンタメ

 日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の第12弾として放送された、ドラマ「正しいロックバンドの作り方」が舞台化され、「正しいロックバンドの作り方 夏」として8月9日から上演される。本作は、主演の藤井流星と神山智洋(共にジャニーズWEST)、そして栗原類と吉田健悟が演じる、ダメダメだけど愛すべき4人の男たちが、ロックバンド“悲しみの向こう側”を結成し、成長していく物語。舞台では、ドラマのその後が描かれる。天才かもしれない不思議くん・オギノ役の栗原と、とにかく明るいムードメーカー・コバ役の吉田に舞台への意気込みを聞いた。

-ドラマ撮影が始まった頃には、舞台化の話を聞いていたそうですね。ドラマ撮影は、舞台があることも念頭に入れながら演じていたのですか。

栗原 いや、それはなかったです。

吉田 舞台があることは知っていましたが、どういうストーリーになるかも分からなかったので、まずはドラマに集中していました。でも、いざ、ふたを開けてみたら、舞台はドラマの2カ月後という設定なので、意外にも最近の話だったんだなとは思いましたが(笑)。

栗原 実際に、ドラマの放送を終えてから舞台が開幕するまでの期間がそれぐらいなんですよね。

-ドラマの後に、舞台で同じ役を同じ世界観の中で演じるということに対してはどう感じますか。

栗原 僕は初めての経験なので、不思議な感覚ですし、新鮮です。

吉田 僕も初めてなのですが、ドラマで作ったものをそのまま舞台に持っていこうとは思っていません。ドラマはワンシチュエーションコメディーなので、いい意味で狭さを感じていたのですが、それがグローブ座という大きな劇場でやることでどうサイズ感が変わるのかという楽しみがあります。そのサイズ感によって、僕たちが演じるキャラクターたちの関係性ややりとりも変わってきますし、ドラマの雰囲気のまま舞台をやっても面白くないんじゃないかなと思っています。

栗原 先日、作・演出の西田(征史)さんが本読みの際に「ドラマと同じ感覚でやるとだらだらしてしまう」とおっしゃっていたのですが、それは僕たちも感じまし…

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル