top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

お笑い第7世代ブームを『脱力タイムズ』的切り口で徹底解剖!?竜星涼&ナイツ土屋伸之がゲスト出演

テレビドガッチ


8月7日公開の映画『ぐらんぶる』で主演を務める俳優の竜星涼と、お笑い芸人の土屋伸之(ナイツ)が、8月7日に放送される『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、毎週金曜23:00~)に出演する。

同番組は、世界各地の最新ニュースや日本で論点となっている問題を有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説するニュースバラエティ。MCをアリタ哲平ことくりぃむしちゅーの有田哲平が務め、キャスターを小澤陽子アナが担当。全力解説員として、出口保行、齋藤孝が出演する。

オープニングでは、「この番組の視聴者は全員80代以上で、竜星涼さんを知っている人は一人もいない」というアリタの一言をきっかけに、全力解説員の出口と齋藤が竜星のプロフィールを紹介することに。しかし、別人と勘違いしているのか、意味不明な解説を始める二人。なぜかそれを全面的に認め、うなずきながら聞き入る竜星に、土屋はさっそくあきれてしまう。

特集のテーマは、「お笑い第7世代」。今、テレビをはじめとするエンタメ業界では、「お笑い第7世代」と呼ばれる若手芸人たちがめざましい活躍をとげ、一大ブームを巻き起こしている。そこで今回は、報道番組である『全力!脱力タイムズ』ならではの切り口で、社会現象ともいうべき「お笑い第7世代」ブームを徹底解剖していく。

まずは「お笑い第7世代」の定義や、それ以前の世代の芸人の歴史などをおさらい。アリタは事あるごとに、芸人である土屋に補足の説明を求めるのだが、土屋が話し始めると、竜星がそれをさえぎり、アリタの質問にすべて正確に答えていくという展開に。俳優の竜星が、自分よりもはるかに詳しくお笑いについて語り続ける中、土屋はまるで立つ瀬がない。

続いて、「お笑い第7世代」の顔ぶれを紹介。縦横無尽なボケと切れ味鋭いツッコミで知られる霜降り明星や、“ノリつっこまないボケ”という斬新なスタイルでブレーク中のぺこぱといった人気芸人を招き、それぞれの「おはこネタ」を見せてもらう――かと思いきや、諸事情により、ネタの紹介は“ある方法”が取られることに。土屋は「その発想はありえない」「この番組はどうかしている」と不満をもらすが……。

かくして「お笑い第7世代」の魅力を味わい尽くした(土屋以外の)一同の前に、最後は竜星も大ファンだという、ある兄弟漫才コンビが登場。彼らは、自慢のネタをスタジオで生披露する。土屋があきれ返りながらも「内容がてんこ盛り」と賛辞を贈った、こん身の兄弟漫才ネタとは!?

「THE美食遺産」は、東京・恵比寿にあるイタリア料理店の、ビールのお供におすすめの絶品グルメを、滝沢カレンがナビゲートする。

<竜星涼 コメント>
――収録を終えて、率直な感想は?

なかなかの緊張感でした(笑)。出演のお話をいただいた時は、“僕も眼鏡をかけて、あの空間を体験できるんだ”って楽しみにしてたんですけど、ここまで大変だとは……。やっぱり、テレビで見ているのと、実際に出演するのとでは大違いでしたね。視聴者として拝見している時は……ちょっと失礼な言い方かもしれませんけど、もっとゆる~い感じでやってる番組なのかなと思ってたんです(笑)。でも実は、ちゃんと台本もあるし、それぞれの役割も決まっていて。しかも今回、僕のセリフはけっこう説明ゼリフが多くて、覚えるのも大変でした(笑)。

――他のバラエティ番組とは違いますか?

はい、もう全然。今回は、自分の役回りがしっかりとあったので、“しっかりやった感”というか、“参加した感”がありましたね。

――笑いをこらえるのは大変でしたか?

大変でしたが、今日は“お笑い”がテーマだったので、ある程度笑顔を見せても大丈夫なのかなと思って、もう普通に笑っちゃってましたね(笑)。

――今後、再び出演のオファーが来たら……?

それはもう、ぜひ! 次回はもうちょっと、緊張することなく出られるんじゃないかと思います。できれば、説明ゼリフは少なめにしていただけるとうれしいです(笑)。

――最後に、視聴者へ向けて、今回の見どころを教えてください。

やっぱり、“慣れないことをやっている竜星涼”を見ていただけたら(笑)。変なことを言っている……いや、言わされている僕の姿を見てほしいです(笑)。自分でも変なこと言ってるなって思いながらしゃべっているので(笑)、そういうおかしな空気感を楽しんでもらいたいなと思います。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル