top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

足元、隣の椅子、引っ掛ける… お店でカバンを置く場所に表れる恋人の扱い方

ヒトメボ


 お店に入りカウンター席に案内されたあなた。そこには荷物を置く棚がありません。隣の椅子は空いていますが、いつ誰が来るか分からない状態…。そんなとき、あなたはカバンをどこに置きますか?


A:隣の椅子に置く
B:足元に置く
C:椅子に引っ掛ける
D:お腹に抱える
E:椅子と背中の間に置く


「いつ誰が隣に座るか分からない緊張した状態での振る舞いには、周りの人との協調性が表れるかもしれません。また、肌身離さず持ち歩くカバンは、いわば『相棒』のような存在。そこには、身近な存在である恋人への要望や扱い方も表れているかもしれませんね」とは、恋愛科学カウンセラーの荒牧佳代さん。  

 そこで今回は、カウンター席に座ったときにカバンを置く場所から、恋人との関係性を分析!


A:隣の椅子に置く




「例え少しの間でも、空いている席にカバンをいち早く置きたいと考える人は、大切なものを自分と同じように扱わなければ気が済まない神経質で几帳面な部分を持った人。神経質な分、冷静な視点で周囲を観察できるため、人から求められることの半歩先を用意しているような気配り上手な面を持っています。また、量より質を求める一点豪華主義な一面もありますね」(荒牧さん・以下同)

*恋人との関係性*
「このタイプが恋人に望むのは、『対等に干渉や束縛をし合える関係』。恋人を見下すことはありませんが、相手にも自分が恋人にするような扱いと同様のことを望む『自分主体』な部分があります。その自尊心を満たすよう、がさつな対応をしない限りは穏やかな大人の関係が築けます」


B:足元に置く




「土足で歩く場所に無造作にカバンを置く人は、他人に迷惑をかけないように私物を邪魔にならないところに置くという常識的な配慮はありますが、物に対しての執着は薄く、合理的というよりパワーに任せて勢いで行動するタイプ。抱える荷物も多く、何事もパパッと済ませたいせわしない一面があります。このタイプは、仕事が忙しいなど、そもそも時間に余裕がなく、細かくスケジュールを立てている割に、恋人やプライベートに時間を割けない人が多そう。恋愛への興味も薄く、長年恋人がいないことも…」

*恋人との関係性*
「このタイプは、恋人を『気を遣わない家族』のような存在にしてしまう傾向が。恋人に合わせることはせず、自分のペースに相手を引き込む人が多いでしょう。デートは、ガード下の焼き鳥屋のようなロマンチックさに欠ける場所が多いかもしれませんが、飾らない姿を見せてくれるので裏表のない関係性を築けるでしょう」


C:椅子に引っ掛ける




「目が届きにくい背後に不安定な状態でカバンを引っ掛けておくこのタイプは、社交的ではありますが、気が緩む瞬間が多いやや無防備な人。また、イスの背もたれに引っ掛けられるような持ち手の長いカバンをいつも好んで選びがちなら、アクティブで楽しいことが好きな明るい性格とも言えますが、慎重さに欠けるので恋愛面では誘惑には弱いかも」

*恋人との関係性*
「このタイプは、恋人に『何でも話せる友達』のような存在でいて欲しいと願う傾向が。行動派でいつも『恋人を楽しませたい!』と思っているので、一緒にいるだけで楽しい時間が過ごせそうです。ただ、やや隙があるので、魅力的な人が現れるとそっちになびいてしまうかも…」


D:お腹に抱える




「カバンを肌身離さず持っていないと落ち着かない…というこのタイプは、心配性で刺激や冒険をあまり求めない慎重派。思い込みが激しい面もありますが、自分の世界を持っていて1人の時間を大切にしている人が多いと言えそうです。恋愛でも激しさや変化は求めず、ゆっくりと進む安定した関係性を好みます」

*恋人との関係性*
「このタイプは、恋人を『自分というご主人様だけを愛してくれるペット』のような存在と捉えている寂しがり屋。お付き合いするまでは時間がかかりますが、一度恋人関係になってしまえば、その後は長く愛情を注いでくれるでしょう。ただし、心配性な面があるので恋人が疑わしい行動を取ると、自分が納得いくまでトコトン調べられたり、証拠を並べて淡々と問いつめられる可能性も」


E:椅子と背中の間に置く




「自分が窮屈な座り方になることを気にせず、カバンを背中の後ろに置くという人は、献身的で相手を立てる性格。大切なものは『自分が盾になって守る』という気持ちが根底にあり、責任感が強くて人に尽くすことを厭わないタイプです。そのため、人脈も広く人当たりはいいですが、オンとオフをはっきり分けているので、本心は掴みにくいかも。恋愛に発展するには、関心をひくインパクトのある外見と頭の良さが必要です」

*恋人との関係性*
「恋人を『守らなければいけない子羊』のような存在と捉えています。自分が恋人をリードすることで自尊心を満たすため、2人で過ごす時間はキッチリ取ってくれるでしょう。自己犠牲が強いので、自分が認めて愛した相手には尽くしてくれるタイプです」

 カバンを置くという何気ない習慣にも性格や恋愛観は表れているんですね! さっそく、気になる人とカウンター席に座ってみては!
(山本絵理/short cut)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル