top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

【たぶん世界初】いくつ当てはまる?「ポケモンGOガチ勢診断」

ロケットニュース24

【たぶん世界初】いくつ当てはまる?「ポケモンGOガチ勢診断」

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日もポケモンGOを楽しんでいるかな? ポケモンGOがローンチされたのは2016年7月のこと。以来、個人的にはかなり楽しませてもらっているけれど、まさか自分がここまでポケモンに詳しくなるとは思ってなかったよね!! サンキュー、株式会社ポケモン。サンキュー、ナイアンティック。

それはさておき、今回はおそらく世界初となる『ポケモンGOガチ勢診断』をお届けしたい。構想期間は3カ月、トレーナーのガチ勢度をあぶり出す画期的な診断だ。あなたはいくつ当てはまるだろうか? 紙とペンをご用意の上、さあ、みんなでやってみよう!

・自己判断は難しい

もし他のトレーナーから「ガチ勢だね」と言われたら、あなたは何と答えるだろうか? おそらく9割以上の人が「いやいやいや。自分よりすごい人はたくさんいるし」と答えるハズだ。そしてある意味でそれは正しい。

というのも、ポケモンGOは「コレクション」「バトル」「メダル」「交換」「個体値」……などなど、それぞれに “ガチ道” があるからだ。それこそが今日まで4年間、世界中のトレーナーから支持されてきた最大の理由であろう。

で、自分では「大したことない」と思っていても、他人からは「ガチ認定」されることも意外と多い。この『ポケモンGOガチ勢診断』では30個の項目を用意したので、いくつ当てはまるかぜひチェックしてみよう。ちなみに1つでも当てはまったらガチ勢に認定。数が多ければ多いほどガチ度が上がっていくと考えてくれ。それでは行くぞーーー!

その1: トレーナーレベルが40に達している
人によっては「40なんてあたり前」と思うかもしれないが、その思考自体がガチ。やはり、かなりマメにやらないと40はなかなかいかない。レベル39から40までの果てしなさを乗り切ったトレーナーは、やはりガチだろう。

その2: ポケモンBOXを上限まで解放している
2020年8月現在、ポケモンBOXの上限は3500。普通に考えて3500匹全てのポケモンが必要なハズが無い。それでも取っておきたくなるのは、あなたがガチだから。ポケモンGOが「BOX整理ゲーム」になっているトレーナーはかなり多い。

その3: 道具箱を上限まで解放している
ある意味で「その2」よりガチ度は高い。現在、道具箱の上限は3000だが、普通に考えて3000個も道具いる? 世界一周にでも出かける気ですか? ちなみに50ずつ解放する際「これは無くならない課金だからコスパがイイ」など、自分に意味不明な言い訳をすることも。

その4: ポケモンを10万匹以上捕獲している
レイドの待機時間などに観察していると、トレーナーレベルが40に達していても、捕獲数が10万に達していないトレーナーは意外と多い。とりあえず10万匹いってたら、ガチ勢に認定してもいいハズだ。

その5: 1度でもGOバトルリーグでランク10になったことがある
ランク10になった時点で「いや、適当にやってたら運良くランク10になっちゃって~」は通じない。時間やカロリーなど、多くのものを犠牲にしないとランク10には絶対に達しないからだ。というか、ランク9でも相当ですから。

その6: 実装されている色違いポケモンの半分以上を持っている
コミュニティ・デイがあるとはいえ、やはりコツコツやらないと色違いポケモンは増えていかない。半分でも持ってたら大したもの、7割を超えたら変態、9割を超えたらド変態の領域に達している。

その7: 月1の「ポケモンGOコミュニティ・デイ」が習慣になっている
コミュデイが月に1度の習慣になっちゃってたら、それはもうガチ勢だ。「コミュデイで色違いは捕っておかなきゃ」「今月は参加できなさそうで泣きたい」……などなど、それらの熱い想いは全部ガチ。

その8: 図鑑の半分以上がキラってる
ソロプレイでは不可能なキラ図鑑作り。交換相手を見つける情熱、また実際に会って交換するカロリーを考えれば、図鑑が半分キラってたら十分ガチだろう。

その9: 3000回以上交換している
「その8」とやや被るが、回数的にはこんなものかなー、と。キラ交換は「相手のためにポケモンを確保しておく作業」が発生するので、ガチじゃないと3000回はなかなか達成できない。

その10: 個体値100のポケモンを50匹以上持っている
攻撃・防御・HPがオール15のポケモンが出現する確率は1 / 4096だ(ブーストやレイドを考えない場合)。その個体値100のポケモンを50匹以上持っていたらガチ認定せざるを得ない。長い間、相当コツコツやらないと50匹は難しいハズ。

その11: 色違い個体値100を2匹以上持っている
そもそもが激レアな色違いポケモン。その個体値が100%だなんて、スーパー激レアである。1匹だけなら運の可能性もあるが、2匹以上は運だけではどうにもならないだろう。やはりそれなりの気合いを入れて、長くプレイしないと色違い100は捕れない。

その12: 1日1回はジムにポケモンを置いている
とんでもないド田舎ならばいざ知らず、それなりに人がいるエリアで1日1回の “おこぼれ置き” は難しい。つまり、1日1回ポケモンを置くには自らジムを崩さなければならないため、ガチ度はかなり高いと言える。「どこか空いてないか?」とチェックする情熱自体がガチ。

その13: チャンピオンのメダルが金
レイドバトルで1000回勝利するともらえる「チャンピオン」の金メダル。伝説レイド1000回の「バトルレジェンド」の金メダルよりガチ度は圧倒的に高い。だって、☆1~☆4のレイドを1000回ですよ? 圧倒的なマメさがないと絶対に無理。つまりガチ。

その14: エリートトレーナーのメダルが金
かつては所属チームのジムで、現在はチームリーダーと対戦するともらえるエリートトレーナーのメダル。それを1000回やってるなんて、問答無用でガチ。「気付いたらなってた」は絶対にあり得ず、狙わないと金メダルにはならない。時間のかけ方とめんどくささを乗り切る強い意志が必要だ。

その15: アンノーンを全種類持っている
自力ゲットなのか、それとも交換なのかは置いておいて、アンノーン全28種類持っているトレーナーはとんでもないガチ。運やコネクションは当然として、空前絶後の情熱がないとアンノーンのフルコンプは達成できない。エンジョイ勢とは言わせない。

その16: 月に14500ポケコイン以上の課金をしている
ソーシャルゲームに課金したら、その時点でガチだろう。快適さなのか自由度なのかはわからないが、ゲームをより楽しみたい欲が出てきてる証拠である。金額的にはこんなものなのかなー、と。

その17: フレンドが50人以上いる
フレンド50人ってなかなかですから。普通に考えてメッチャ多いですから。ポケモンGOをやっていない友達に「フレンド50人いる」って言ったらどんな反応すると思いますか? 言い逃れのできないガチである。

その18: ポケモンGOプラスやモンスターボールプラスを駆使している
より快適にプレイするため、専用ガジェットを駆使しているトレーナーはガチ。それすなわち「歩いているときもポケモンを捕まえたい」とか「人知れずプレイしたい」という、ポケモンGO欲が動機なのだから。

その19: ガジェットを使用せず、あえての手動にこだわっている
ある意味で「その18」よりガチ。1度もガジェットを使用したことが無く、その便利さを知らないならばまだわかるが「色違いポケモンを捕り逃したくない」とか「あのエフェクトが見たい」なんてこだわりがある人は、どう考えてもガチである。

その20: 同じポケモンを6体以上限界まで育てた「艦隊」を1組以上持っている
カイオーガやマンムーなど、同じポケモンを6体以上限界まで育てあげた「艦隊」を1パーティでも持っているトレーナーは文句なしでガチ。伝説のポケモンなんて、どれだけアメがかかると思ってるんだ。とんでもない情熱がないと作れない。

その21: ポケモンの名前を変えている
「予約」や「交換」くらいならばまだわかるが、「FFF」「胃袋」「滝カノンふぶき」「天才カイリュー」「神童ピチュー」レベルは完全にガチ。また相棒の名前を「フカマル誘って!」などとメッセージ代わりにしている場合も同様である。

その22: 海外イベントに参加したことがある
「旅行が好きだから」とか「安かったから」とかは関係ない。ポケモンGOが旅行の動機になっている時点で、そんなもんはガチである。だってポケモンGOやってない友達に「台湾でポケモンやって来た」って言えますか? はい、ガチです。

その23: ポケモンGO関連のアプリをインストールしている
「みんポケ」や「Poke Genie」など、ポケモンGO関連のアプリをインストールしているということは、ポケモンGOをより快適にプレイしたい証拠に他ならない。1つでもアプリが入っている時点でガチ。

その24: ポケモンGO専用のSNSアカウントを1つでも持っている
専用のSNSアカウントを持っていたら、それはガチと言わざるを得ない。交換用なのか、フレンド募集用なのか、それとも単に投稿用なのかはわからないが、ポケモンGOのために1つのアカウントを運用する情熱は完全にガチ。

その25: ショップで定期的にアバターをチェックしている
基本的にはゲーム内容に一切のボーナスをもたらさないアバター。そのアバターを購入することは当然として、ウィンドウショッピング気分で定期的にアバターをチェックしている人はガチである。

その26: ポケモンGO友達がいる
ポケモンGOを通じて知り合った「ポケモンGO友達」がいる人は、有無を言わさずガチ。これもポケモンGOをやっていない友達が聞いたらどう思うだろう? とはいえ、初めて会ったとしてもポケモンGOの話題があるから話が弾むんだよね~。

その27: こだわりのマイルールがある
例えば「色違いポケモンは交換せずに自力で集める」とか「フレンドにはなるべくスポンサーギフトを送りたくない」などの独自ルールがある人はガチ。様々な意味でポケモンGOにこだわりを持ち始めたら、やはりガチである。

その28: 何かにつけてナイアンティックの意図を汲み取ろうとする
「今回のイベントでは〇〇が湧いているからこうなるハズ」「去年はこうだったから今年はこう」などと、様々なことでナイアンティックの意図を汲み取ろうとする人はかなりのガチ。ある程度の経験値と推察力がないとできませんから。

その29: 特別な事情がない限り、1日1度はログインしている
冷静に考えて、毎日ログインしている時点でガチ。知り合いが「毎日欠かさずプレイしているゲームがある」って言ってたら、普通に「ガチだな」って思うもんね。

その30: ポケモンGOが大好き
つまりはそういうこと! ポケモンGOが大好きだったらそれだけでガチだよね!!

──以上である! あなたはいくつ当てはまっただろうか? 先述のように、1つでも当てはまれば “ガチ勢” に認定だ。ちなみにお兄さんは21ガチであった。そうか……本当に自分ではそこまでガチだとは思ってなかったんだけどな……。俺よりスゴい人めっちゃいるもの……!

・最強のガチ説

余談ではあるが「無課金が1番のガチ」という格言も存在する。興味がなくての無課金ではなく「一生懸命プレイしての無課金」は、ある意味で最上級のガチであろう。毎日50ポケコインを稼ぐためのカロリーたるや……! 個人的には逆に尊敬する。絶対に真似できない。

というわけで、おそらく世界初となるポケモンGOガチ勢診断。ガチ度が高いとどうということは無いが、どれだけポケモンGOにハマっているかの目安にはなるハズだ。でも大切なのはポケモンGOが好きかだよね! お兄さんは大好きさ!! それでは今日も素晴らしいポケGOライフを! トレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル