top_line

嫉妬に狂った男が斧で妻をバラバラに 窓から胴体を投棄した直後にスピード逮捕

ニュースサイトしらべぇ

(Dmytro Diedov/Getty Images Plus/写真はイメージです)

妻が異性と言葉を交わすことさえ許せない。そんな嫉妬深さゆえに愛想を尽かされた男が、関係修復を望まない妻を殺害。さらに死体を解体し投げ捨てるという異常な行動に及び、隣人らを震撼させた。


■支配欲が強かった男

ロシアで暮らしエンジニアとして働いていたある男(29)は、2年前に最愛の女性(24)とゴールイン。かわいい赤ちゃんも誕生して幸せに暮らしてはいたものの、この男は妻の想像以上に支配欲と嫉妬心が強く、妻は次第に男を疎ましく思うようになった。

ついには家族ぐるみで親しくしていた男性と話すことさえ禁じられ、妻は離婚を決意。男に対しては「もう別れましょう」と伝えてあったという。


関連記事:妻の浮気疑い義母を襲って自殺を図った男 幼い娘の説得で逮捕

■妻の殺害を決意

絶対に別れたくなかった男は、結婚記念日に妻を伴いレストランへ。食事をしながら関係修復を提案したが断られ、その後は「ならお前をぶっ殺す」と脅すなどして、妻を怖がらせるようになったという。

ほどなくして男は「やはり殺害してしまおう」と考え、斧を用意して妻に襲いかかった。

■震え上がった隣人たち

男は斧で妻の頭を3度殴りつけて殺害。続いて四肢と頭部を胴体から切り離し、胴体以外はスーツケースの中に詰め込んだ。残った胴については隠す気すらなかったらしく、アパートの窓の外に投げ捨てたという。

成人女性の胴体が勢いよく落下したことで大きな音が鳴り響き、血まみれの胴体を目視した隣人たちが慌てて通報。すぐに警官隊が駆け付け、アパート内を清掃中の男を発見し、署に連行した。


■男が明かした胸中

身柄を確保された男は、「今はとてもつらく恥ずかしい気持ちでいっぱいです」などと話しているほか、「やってしまったことを後悔しています」「罪を認めますし、本当に申し訳なく思っています」とも心境を語っている。

妻を愛していたことは確かかもしれないが、近所の人たちも驚くほど異常に嫉妬心が強かったというこの男。妻との間に生まれた赤ちゃんはまだ1歳で、現在どこで誰が世話をしているのかなどの詳細は伏せられている。

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル